もっとも困窮しているのは農民。収穫を収奪され生産者が飢えている。撮影アジアプレス

北朝鮮の食糧不足が伝えられている。金正恩政権は2月に国連機関に公式に支援を要請、世界食糧機関(WFP)などは、今年137万トンが不足するという見通しを発表している。

韓国の文在寅政権は、800万ドルの人道支援を国連機関を通じて行うことを決め、さらに大規模な食糧支援をするか検討中だ。非核化を巡る2月のハノイ朝米会談が物別れに終わった後、5月初旬に短距離ミサイル発射実験を行うに至り、南北関係は冷え込んだままだ。局面転換のために食糧支援を活用しようという意見が韓国与党内から出ている。

一方で、野党やメディアの中からは、北朝鮮の食糧不足は誇張されているのではないか、という疑いが提起されている。コメ価格が昨年より下落しているというのだ。

◆米価下落は事実

アジアプレスの北朝鮮取材チームでは、北朝鮮に住む取材パートナーとともに、北部地域の両江道(リャンガンド)、咸鏡北道(ハムギョンブクド)、平安北道(ピョンアンプクド)、平壌などで市場の物価調査を実施し、1カ月に2~4回のペースで公開している。筆者の知る限り、北朝鮮内の物価動向を調査・公表しているのは、韓国の北朝鮮ニュース専門サイト「デイリーNK」とアジアプレスだけである。

私たちの主な調査対象品目は、主食の白米、トウモロコシ、ガソリン、軽油。そして中国元と米ドルの実勢交換レートも調べている。2017年5月からの物価推移が一覧できるので、ぜひ、最新の物価動向グラフを見ていただきたい。

最近の物価動向グラフ(アジアプレス)

市場の価格は需要と供給の関係で決まる、というのは普通は常識である。韓国で提起されている「食糧難誇張説」の根拠となっているのは、市場のコメ価格の安定、あるいは下落していることだ。コメが足りなければ価格が上がるはずだ、というわけだ。

私たちの調査では、この1年間の白米1キロの価格は、4200ウォン~5500ウォンの間で推移し、突発的に上下したことはあるが概ね安定している。今年は昨年の値上がり時よりも安く、4200~4600ウォンで安定している。※5月末時点で100円は約7700ウォン。

他方、いくつかの協同農場を回って調査したが、昨年は高温と少雨で、どこもひどい凶作だった。

それでは米価安定はなぜか?カラクリを説明しよう。