デート? 鴨緑江の川べりに座り込んで話す若い男女。平安北道の朔州郡 撮影石丸次郎

初秋、北朝鮮と中国の国境地帯を訪れた。1993年夏以来、毎年取材しているエリアだ。遼寧省の丹東市から鴨緑江を遡り、吉林省に回ってもう一本の国境河川・豆満江の河口近くまで下った。

筆者は北朝鮮に住む協力者と共に国内事情を取材している。普段の連絡には、北朝鮮に搬入した中国の携帯電話を使っている。外国ジャーナリストが北朝鮮に入国してできる取材では、寝ている時以外は案内員という名の監視がつく。越えることのできない高い壁の隙間から、かの国の内実を窺い知るのは容易ではない。
関連記事:<北朝鮮写真報告>外国人が絶対に会えない平壌の路地の女性たち

中国側からの取材も制約だらけで限界があるのだが、それでも肉眼で見ておくことは大切だ。朝中国境は全長約1400キロ。国内から届けられる情報を念頭に置いて、国境沿いの風景を見つめ、合法・非合法に中国に出国してきた北朝鮮の人々と接触する。そんな取材方法を採ってきた。

鴨緑江は、日本のどの河川より長く800キロ近い大河。北朝鮮当局は、中国側からの「見栄え」に神経を使って建物を整え、住民に対し振る舞いや服装に注意するよう指示している。それでも辺境に暮らす庶民の日常や、平壌の政策の反映を垣間見ることができる場所である。

※写真はすべて2019年9月に石丸次郎撮影
連載の2回目 <最新写真報告>北朝鮮―中国国境を行く(2) 脱北難民が消えた! 厳戒の豆満江撮った

... ↓