鴨緑江で洗濯する女性たち。現在は中国国境接近は厳禁だ。昨年9月に撮影石丸次郎

「コロナより飢えの方が恐ろしい」

春先から北朝鮮住民が心配していたことが現実になっている。

国境封鎖で貿易は壊滅、風邪の症状があるだけで長期隔離、中国国境に近づく者は銃撃せよと命令…常軌を逸した過剰なコロナ対策で経済は極度に悪化、売春せざるを得ない女性が増えるなど住民の苦境が深まっている。10月初旬、幼子を育てるシングルマザーに電話でインタビューした。

◆「まだ子供のような女の子まで…」

皆が本当にしんどいです。コロナの前は商売をして何とか食べていけたんですが、市場が回らなくなって収入が減り家財道具を売り払う人、家を売って他人の家の倉庫で暮らしている人もいます。

(都市生活を放棄して)山奥に入って大豆やジャガイモを植え、山菜を採って食いつないでいる人もいます。もうすぐ冬なのに、どうするのでしょう? 

体を売る女性がすごく増えました。20~30歳ぐらいの人が多いんですが、まだ子供のような女の子もいます。最近は取り締まりが厳しいので、紹介人を通して自転車に乗って呼ばれたところに行きます。

幹部や金持ちの浮気相手。1回行って20中国元(1元は約15.5円)、運がよければ30~50元。1カ月300元を与えて近くに住まわせている男もいる。私の周囲にもそんな女性が5人位います。捕まる人も増えました。

中国との貿易が止まって何から何まで不足しています。便所紙もなくなりました。国産品で代替しようと国では言っていますが質が悪い。中国製のライタ-は、以前は2元だったのに今は10元します。食糧はどこの市場でも売っていて不足はありません。でも収入が減って庶民に白米を買う余裕がなく、トウモロコシや小麦粉を食べます。