野中章弘×辺見庸×綿井健陽 対談(1)
作家 辺見庸とアジアプレス 野中章弘、綿井健陽が、
イラク戦争と報道、そして自衛隊派遣の論理を問う
(この対談は2003年12月27日に収録されたものです)

【辺見 庸 】

野中
今日はアメリカによるアフガン攻撃、イラク攻撃、そして日本の自衛隊派遣について忌憚のない率直な意見を交わしていきたいと思います。

日本は陸上自衛隊の本隊の派遣も決まり、アメリカのイラク攻撃について実質的に参戦する形で加わりました。まず11月下旬にサマワとバグダッドを見てきた綿井君から現地の状況について話してもらえますか。

綿井
今回は、去年11月16日にバグダッドに入って、その後22日から29日まではサマワで取材していました。サマワからバグダッドに戻った11月29日に、日本大使館員2人が殺害されました。

僕はこれまで3ヵ月おきにイラクに行っていて、空爆中の3,4月、それから7、8月。今回また3ヵ月ぶりに行きましたが、一言でいえばどんどん状況は悪化するばかりです。7月までは米兵への襲撃だけだったんですが、僕が取材を終えてヨルダンに出た次の日(8月7日)にヨルダン大使館が爆破されて、そして国連事務所、赤十字、今回もホテルや大使館員が狙われました。イラクの人たちに訊いても、治安は悪くなる一方だし、爆弾テロ事件も起こる一方で、米軍の武装勢力掃討に巻き込まれて死傷していく人も実は多いという。

サマワは僕が取材した11月末までの時点では平穏で、警察や住民に訊いても治安がいいと言ってました。誰に訊いてもサマワに日本の支援が来ることを知っています。しかし、かなり間違った情報が先行しており、企業が電気や水の設備を直してくれたり、コンピューター会社で働けるんじゃないかとか、いろんな幻想と期待と思い込みが渦巻いています。

現地に「ようこそ自衛隊の皆様」という日本人が書いた横断幕がありましたが、サマワの人は「日本の支援=自衛隊」と重ね合わせているわけではないんです。彼らのなかでは日本人=あの経済大国、優れた電化製品を作る人たちというようなイメージで、「軍隊だったら来てほしくない」「できれば民間人に来てほしい」という人が多いです。「自衛隊が歓迎されている」という日本政府の認識と現地の人たちの捉え方は違います。

野中
辺見さんは日本でイラクの状況を見ておられてどういう風に感じていますか。

辺見 綿井さんがおっしゃったような今回のケースと、僕がこれまで直接見たもの、経験したものと重なって連想が膨らんでくるんですね。状況は悪化の一途を辿っているとおっしゃったけれど、まさにそうだろうとわかりますね。とりわけ11月にアイアンハンマー作戦が始まった時に、空爆も攻撃も再開した。

5月1日に事実上の勝利宣言をしたけれど、死者数も相当な数に増え、それ以前よりもひどいことになっているという感じがします。僕の場合はベトナム戦争取材と重なるのですが、いわゆるテロ容疑者あるいは支持者がいると思われる地域全体を壊してしまう、それを捜査令状も逮捕状もないやり方でやっている。

このやり方は何十年経っても変わらないと思うんです。同じことはベトナム戦争中だけじゃなく、ソマリアでも繰り返されています。このやり方がいかに住民の反米意識に油を注ぐかはわかりきったことで、誰もが言うように第2のベトナム化、あるいは第2のパレスチナ化だと思います。
次のページへ ...