北朝鮮を読む 石丸次郎
[速報!] 平壌の市場厳格統制は、盧武鉉平壌訪問を期に始まった (上)

071112a.jpg【平壌の力浦区域。市場の外に溢れ出た商売人の女性たち。8月下旬 平壌 リ・ジュン撮影】

前回のリ・ジュンの報告にあったとおり、今、北朝鮮全国で、市場と商行為に対する当局の厳しい統制が始まっている。
内容は、おもに
・40歳未満の女性の商行為を禁止する(地域によって35歳、45歳未満のところもあると言われる)
・公設の総合市場の外での商行為の禁止、である。

ではなぜ、北朝鮮当局は、今、市場統制を強力に推し進めようとするのか?
その理由について、11月12日現在中国に滞在している北朝鮮人ジャーナリスト、リ・ジュンは電話で次のように伝えてきた。

「平壌の市場の増殖は留まるところを知らぬほどに急速に進んだ。幹部たちですら市場に依存して生活をする者が大半だという有様だ。
『政府はこの<非社会主義的現象>をいつか退治に乗り出すだろう』しばらく前からこんな噂が人々の口に上っていたが、<市場退治>のきっかけになったのは、10月初旬の盧武鉉大統領の平壌訪問だった。どのみち盧武鉉訪問にあわせて、平壌市内は厳戒態勢を敷かねばならない。人民は自由に出歩くことは許されないし、市場も閉鎖だ。これを期に商行為の統制に乗り出したのだ」
次のページへ ...