インタビュー 三人の女性が吐露する金正日体制への本音(4)

中国側から会寧市の全景を望む。金正日の母、金正淑(キム・ジョンスク)の故郷として街の整備などに格段の配慮が払われている。(2007年10月 リ・ヘヨン撮影)

中国側から会寧市の全景を望む。金正日の母、金正淑(キム・ジョンスク)の故郷として街の整備などに格段の配慮が払われている。(2007年10月 リ・ヘヨン撮影)

 

取材:石丸次郎/整理:リ・ジンス
■インタビュー 2 ウさん 上

「貨幣交換」当時のジャンマダン
ウ:会寧(フェリョン)市で商売している人で一〇万ウォン持っていない人はいませんから、(「貨幣交換」で)皆損をしたと思いますよ。

Q:「貨幣交換」後、各地のジャンマダン(市場)は正常に運営されていなかったということですが、ジャンマダンを政府は閉鎖してしまったんですか?
ウ:閉鎖したのではありません。自然に流通が止まってしまったんです。当初は人出があったし、品物もあったけれども、買うことができませんでした。売ってくれる人がいないものですから。私が思うに、会寧の売り台で商売をする人は基本一〇〇万ウォンのお金を動かしています。交換上限が一〇万ウォンだから、自分たちのお金をどう処分できるのかも分からないのに、品物を売ってまでさらに現金を増やそうとはしなかったのでしょう。

Q:どんな雰囲気でしたか? 先の見えない中で。
ウ:「貨幣交換」が始まったばかりの頃は、皆、どうなるのかと心配する程度で、まだそんなに深刻な状態ではありませんでした。コメの値段が上がり始めてからは失望が広がっていきました。
次のページへ ...