北朝鮮の食糧配給票。職業や年齢により九つの級数があり、配給される量が決められる。写真は3級の配給票。1日に700グラムの穀物を受け取れる。上旬と下旬に月2回に分けて配給される規則なのだが、この15年、多くの職場で配給票はほとんど意味をなさなくなった。

北朝鮮の食糧配給票。職業や年齢により九つの級数があり、配給される量が決められる。写真は3級の配給票。1日に700グラムの穀物を受け取れる。上旬と下旬に月2回に分けて配給される規則なのだが、この15年、多くの職場で配給票はほとんど意味をなさなくなった。

 

解説 金正日政権のデノミの真の狙いは何か 1  石丸次郎
突然の「貨幣交換」(デノミ)の衝撃が、北朝鮮の民衆一般にとって、いかに大きなものだったか、前記事のインタビューで読者の皆さんにも伝わったと思う。ちなみに、交換上限額の旧ウォン一〇万ウォンというのは実勢レートでおよそ二五〇〇円。地方都市の中間層のざっと一ヶ月の生活費である(首都平壌[ピョンヤン]はこの二倍程度)。それ以上の金は、こつこつ貯めていたものでも一切無効になるというのだから、なんとも無茶な措置である。

食糧をはじめ物資の供給能力がまったく不足しているのに、通貨切り下げを突然強行し、商行為まで制限すれば、物価が高騰するのは火を見るより明らかだ。混乱が十分に予想されたはずなのだが、それを承知でなぜ、北朝鮮当局はデノミに踏み切ったのだろうか? その本当の目的は何だったのだろうか? そして今後どのような事態に発展していくのだろうか? この原稿を書いている二〇一〇年二月後半の段階では、北朝鮮内部の情報がまだ少なく言及できることには限界があるのだが、考察を試みてみたいと思う。

官製メディアの公式見解
突然の「貨幣交換」の実施について、北朝鮮当局は、一応その目的を官製メディアを通じて説明している。二〇〇九年一二月一一日付の在日朝鮮総連機関紙『朝鮮新報』は、朝鮮中央銀行職員のチョ・ソンヒョン氏 (朝鮮語版では責任部員)へのインタビュー記事を掲載した。『朝鮮新報』は東京で編集されているが、北朝鮮政府の立場を海外に向けて伝える役割を担うメディアである。このインタビュー記事は、朝鮮語版、日本語版両方に掲載された重要なもので、金正日政権のデノミ断行の「建前上の理由」がよくわかる。引用しつつ整理したい。なお、この記事中では「貨幣交換」を「通貨交換」とも表記しているが同じことを指している。(記事全文は、こちらのリンク先で読めます。)
[以下、引用]
次のページへ ...