順川(スンチョン)ビナロン連合企業所潜入取材 4
取材・撮影 キム・ドンチョル
解説 石丸次郎
二〇〇九年七月取材

キム記者が当地を訪れたのは2009 年の夏でちょうど150 日戦闘の只中。パイプラインの下に広がる水田では、動員された人たちが草取りをしているようだ。

 

順川ビナロンの今
自ら撮影してきた「順川ビナロン」の映像を筆者に見せながら、キム記者が解説してくれた。
キム:これ見て下さい。どこも破壊されて廃墟のようでしょう。

石丸:情けない姿ですね。
キム:煙突もすべて、ただ立っているだけです(煙も出ていない)。

石丸:工場の中に勝手に入り込んで、機械なんか持ち出したりすると聞きました。
キム:目ぼしいものは、とっくにすっかり持ち出されてますよ。

石丸:稼動が中止してからどれくらい経ちますか?
キム:工場が停止してから......、もう一五年、二〇年くらい経ちましたよ。工場の煙突や配管なんて廃物になってます。もはやほとんどの工場は操業していませんから。建物が残っているだけです。

稼動しているのかなと思って、(敷地の)中に入って確認して見てみましたが廃墟です。なんにも稼動していませんでしたよ。動いているのはカーバイド工場だけだそうです。
次のページへ ...