スカート姿の女性同盟の糾察隊員が、盛んに笛を吹きながら服装取締りをしている。自転車に乗っていていたり、ズボンをはいてるという理由で取締りに遭った人たちが一箇所に集められている。 (2008年10月沙里院市 シム・ウィチョン撮影)

スカート姿の女性同盟の糾察隊員が、盛んに笛を吹きながら服装取締りをしている。自転車に乗っていていたり、ズボンをはいてるという理由で取締りに遭った人たちが一箇所に集められている。
(2008年10月沙里院市 シム・ウィチョン撮影)

取締り3 八〇歳のお婆さんにも服装検査
聞き手 石丸次郎
以下は、〇九年六月に石丸次郎をはじめとするリムジンガン編集部のメンバーが延辺朝鮮族自治州の朝中国境地帯を訪れたときに取材した北朝鮮女性チェ・スミさん(二二歳)に、最近の風紀取締りについて尋ねたインタビューである。女性は咸鏡北道清津(チョンジン)市から非合法に一時的に国境を越えて出て来ていた。

石丸:最近、糾察隊の取締りはどうですか?
チェ:「一五〇日戦闘」(注1)が始まってからは四六時中、糾察隊が表通りを見回っています。どこに何をしに行くのかまで詳しく聞かれます。

石丸:例を挙げると、糾察隊はどんなことを取り締まるのですか?
チェ:大きな荷物を持っていると、「『一五〇日戦闘』にも出ずに市場で商売をするのだろう」と言って取締りの対象にされます。
身なりもやはり取り締まられます。ネックレスやイヤリングなどのアクセサリーは一切だめ。ズボンをはいて歩くことも取締りの対象になるんですよ。

石丸:女性ばかりを取り締まるんですか?
チェ:まったくもって笑っちゃうんですけど、最近では八〇歳のお婆さんがリヤカーを引いて商売をしに行くのにも、スカートをはけと取り締まるんですよ。お婆さんたちもしょうがないから、ズボンの上からスカートをはいて取締りに遭わないようにしています。年老いても一生懸命商売をして食べていこうとしているお婆さんたちが本当に可哀そうです。皆がスカートをはけば見栄えがいいという発想なんでしょうが、スカートは不便なんだからお年寄りには勘弁してあげればいいのになと思います。とにかく最近では、やたらとスカートをはけとうるさすぎます。なんかばかみたいです。
注1 「一五〇日戦闘」 ----経済を立て直すため、一五〇日間にわたって休みなく働こうという国民総動員運動。二〇〇九年四月二〇日に始まり、九月一六日に終わった。経済不振の問題を政治スローガンや動員によって解決しようという昔ながらのむなしいイベントだ。結局、成果を上げられないまま民衆を疲弊だけさせて終わった。

吹き荒れる《風紀取締り旋風》1
吹き荒れる《風紀取締り旋風》2
吹き荒れる《風紀取締り旋風》3
吹き荒れる《風紀取締り旋風》4
吹き荒れる《風紀取締り旋風》5
吹き荒れる《風紀取締り旋風》6

 

おすすめ<北朝鮮> 写真特集・無料動画…