カラーテレビ、コンピューター、数字式写真機(デジタルカメラ)、増幅器(スピーカー)、録画機、カラオケなどを売っている。

本を読みふける女性の前には「各種 薬 卸売り」とある。北朝鮮の一般的な病院には薬が無いため、患者は診断を受けた後、薬を市場で購入しなければならない。しかし、公設市場での薬の売買は厳しく禁じられているため、こうして闇に流れて売られることになる。

こちらは珍しい品物を扱っている。美顔薬、婦人の炎症薬、皮膚病の薬とある。

 

<<<連載・第4回   記事一覧   連載・第6回>>>