2 大城(デソン)区域と大城市場[2]
2008年12月取材
取材:リ・ソンヒ/解説・整理:リ・ジンス/解説協力:リ・サンボン(脱北者)

◆市場の入り口

市場の正門。「大城市場(デソン・シジャン)」と大書きされている。

市場の正門。「大城市場(デソン・シジャン)」と大書きされている。

 

公設市場の成り立ちと運営
これまでのリムジンガンでもお伝えしてきたとおり、北朝鮮に公設市場が現れたのは二〇〇三年の春のことだ。「苦難の行軍」(注1)の時期からその規模を拡大し続け、北朝鮮住民の生活に欠かせないものになっていたにもかかわらず、それまで非合法だった闇市場を、政府が「総合市場」として再編・合法化したのだ。

その際、それまで商売が行われていた敷地に、新しい市場の建物が建設されたのだが、政府は建物に対し、全国的に統一された基準を要求した。モデルとなったのが平壌市の楽浪区域にある「統トン一イル通り市場」だ。外国人も訪問が許されるモデル市場として、朝鮮中央テレビにもたびたび登場する。また、同市場は全国で唯一、国費で建設された市場だという。

参考写真:統一通り市場の外観。(撮影:匿名希望の平壌市民、2008年)

参考写真:統一通り市場の外観。(撮影:匿名希望の平壌市民、2008年)

次のページへ ...