◆兵員不足の最大の原因は90年代飢饉 部隊編成にも支障

金正恩政権が兵員確保に困難をきたしている最大の原因は、1990年代半ばの深刻な社会混乱と飢餓である。まず乳幼児も含めた子供がこの時期に大量に餓死 した。餓死を免れても栄養不良で極端に体が小さい人が多い。さらに生活苦の中で子供を産まない傾向が進んで少子化に拍車化がかかった。この「飢餓世代」が 年代的に朝鮮人民軍のほとんどを占めるようになったのが兵員激減の最大の原因なのである。

子供ように小さな兵士たち。金正恩氏が韓国との最前線部隊を訪れた時の記念写真。2012年8月の労働新聞より引用。

子供ように小さな兵士たち。金正恩氏が韓国との最前線部隊を訪れた時の記念写真。2012年8月の労働新聞より引用。

現場の軍部隊では編成にも支障が出ているようである。最近、軍を除隊した取材協力者は次のように語る。
「実際、人民軍の兵力の実態は情けない有様だ。例えば砲を撃つなら、照準兵、装弾兵など通常五人がひと組でやらなければならないが、それを二人ひと組でやっている。毎年除隊者はあるのに、軍隊行く人間が少ないのだから仕方がない」

このような事態に、北朝鮮軍当局は身長や体重をはじめとする入隊基準を下げて対応してきた。例えば男子の身長の場合、145センチだった合格基準が 現在は142センチになっているといわれる。また女子の軍入隊を強く推し進めている模様だ。「女子の場合中学卒業時にクラスの三分の一程度が入隊する」と いう(別の取材協力者の女性)。

急激な兵員減少に対応するため、金正恩政権は、社会人の軍入隊も進めている。(石丸次郎)
※米国の自由アジア放送(RFA)は9月16日付けの記事で、「男子の兵役期間が3年延長されて13年に、女子の兵役期間は6年から9年になった」として いた。軍事動員部の担当官に直接取材ができたために、アジアプレスは18日付け記事「<北朝鮮>軍の兵役期間3年延長し13年間に」を「11年間に」に訂 正しました。

関連記事:
<北朝鮮写真報告>兵隊は辛いよ(5) かわいそうなほど痩せた若い兵士たち 兵士の飢えは80年代から (写真4枚)
(映像)栄養失調で衰弱する人民軍兵士「激やせ」で動けぬ者も
<北朝鮮写真報告>兵隊は辛いよ3  軍生活は空腹との闘い 生理止まる女性兵士も 写真4枚