元家族会事務局長の蓮池透さんとジャーナリスト石丸次郎の対談連載の5回目。
(アイ・アジア編集部) 
<北朝鮮>拉致問題は前進するか. 記事一覧

蓮池透さん(右)と石丸次郎 撮影アイ・アジア

蓮池透さん(右)と石丸次郎 撮影アイ・アジア

石丸:私が蓮池さんに初めてお会いしたのは2003年の初め。共同通信社の対談の席でした。蓮池さんをゴリゴリの対北朝鮮強硬派と思ってました。小泉訪朝前から雑誌やテレビ、新聞でしかめっ面の蓮池さんが厳しいことを言っているところばかり見ていたからです。

共同通信から対談の話があっ時、「蓮池さんと対談するのはちょっと覚悟がいるな」と思いました。というのは、当時、北朝鮮に経済制裁すべしという世 論が噴出していたのですが、私は反対だったからです。「経済制裁すれば北は困って折れて来る」という主張は、当時の日本の北の貿易シェアが10%程度でし たから荒唐無稽、制裁発動したらこじれるだろうと考え、そうした内容の記事を書きました。ずいぶん石が飛んできました。売国奴扱いもされました。これを蓮 池さんにぶつけたら、怒鳴られるかもと思ったわけです。

「日の丸・君が代をちゃんとやらないから日本人が拉致された」という本筋とかけ離れた主張をする人たちまでが合流して、拉致被害者の救出運動がどん どん右傾化していった時期です。これはちょっとついていかれへんと言うことを、率直に対談で申し上げました。ところがお話しすると、蓮池さんが柔軟だった のでびっくりしたんですよ。あっ、僕もテレビの作るイメージに毒されていたなと反省しました。

蓮池:私は、動かない政府とか外務省とかそういう人たちに対しては強硬だったんですけど。

石丸:蓮池さんは、いつ家族会事務局長をお辞めになったんですか?

蓮池:2007年です。

石丸:事務局長はずいぶん早く解任されましたよね。それから副代表になって、その後追放される。

石丸:追放なんですか?

蓮池:除名です。彼らは退会と言ってますけど。退会するなんて私は言っていない。
私の場合、ほとんど何も知らないうちに急にぽっとスポットライトが当たったわけです。それまでは(拉致は)でっち上げだ、疑惑だと言われてたことが本当 だったということになって、それまで無視して来たマスコミが、贖罪意識があったからか知りませんが、なんでもかんでも言ったことを書いてくれるようになっ たので、舞い上がっていたところもあったかもしれません。

石丸:舞い上がってたんですか? マスコミが用意したハイヤーが送り迎えしてましたね。

蓮池:舞い上がってましたよ、完全に。私の勘違いは甚だしかったです。ちょっと(拉致に対する関心の)波が引い てから、「ちょっと待てよ、こんなんでいいのかなぁ」と思ったら、もう救う会(北朝鮮に拉致された日本人を救出するための全国協議会)は「制裁だ制裁だ」 と言っている。当時、ある記者の取材メモみたら、「家族会の右傾化」と書いてあったんですよ。それを見て、えっと思って、最初、怒ったんです。「何が右傾 化なんですか」と訊いたら、「右傾化じゃないですか」と言われた。でも、(その記者は) それを報道するのかなと思ったら、「それはできません」だって。

石丸:メディアは記事にはできなかったはずです。当時家族会は「最強の圧力団体」でしたから。

蓮池:よく考えてみたら、家族会の言っていることは完全に右翼だなと思いました。小泉さんの再訪朝よりも制裁しろと言っていたんですから。

石丸:それは家族会の方針だったんですか?

蓮池:(会議開いて出した方針は)対話拒否でしたよ。私は制裁してどうなるのかなと思った。制裁なんて、もしやりたかったら、被害者を取り返してからやりゃいいじゃないか、何かだんだん変な方に行くなと思うようになった。それから家族会が分断されました。5人が帰ってきて。
次のページへ ...