「金正日同志、金正恩同志子がご覧になったケヤキの木」と銘文に書かれた石碑。ばかばかしいが警備の対象だろう。2011年6月江原道元山農業大学にて撮影パク・ヨンミン(アジアプレス)

「金正日同志、金正恩同志子がご覧になったケヤキの木」と銘文に書かれた石碑。ばかばかしいが警備の対象だろう。2011年6月江原道元山農業大学にて撮影パク・ヨンミン(アジアプレス)

◆党大会は何日間?

解せないのは警備期間だ。北朝鮮では、重要行事があって特別警備期間が宣布される場合、通常、行事日を挟んだ前後数日が指定される。

党大会は通常数日間にわたって開催される。1970年の第5回大会は12日間、1980年の第6回大会は5日間だった。

この度の党大会も数日に渡って開催されるものと予想されたが、特別警備期間が開催日で終了するなら、 党大会は6日の一日で終了する可能性がある。

「党大会の期間については会議では説明がなかったし、はっきりした日程を一般党員たちはまだ知らされていない」
と、報告をくれた協力者は語った。

なお、党大会が開催される平壌の特別警備期間が、やはり6日の晩12時までなのか、現段階では不明である。

※アジアプレスでは、中国キャリアの携帯電話を北朝鮮国内に投入して連絡を取り合っている。

関連記事: <北朝鮮内部>「党大会なんかやらなくていい」と激しい反発 統制・動員の実態とは?

関連記事: <北朝鮮内部> 党大会控え労働者にアメとムチ 隊列出勤強いる一方戦時用備蓄米放出 清津市

おすすめ<北朝鮮> 写真特集・無料動画…