畑から盗んできたトウモロコシの粒をこそぎ集める痩せた兵士(アジアプレス)

畑から盗んできたトウモロコシの粒をこそぎ集める痩せた兵士(アジアプレス)

 

韓国人の同僚の息子二人が軍に入隊している。服務期間は2年弱。長く離れて暮らすのは同僚夫妻にとっても初めてのことで、部隊に面会に行った時の写真を見せてもらうと、親の方がずっと嬉しそうに写っていた。

さて一方の北朝鮮。北部地域に住む取材協力者のチェ・オク(仮名)さんも息子を一昨年軍隊に送った。高等中学を卒業してすぐの17歳で入隊。今、韓国との軍事境界線近くの黄海道の部隊に配属されている。

彼女も息子が心配で、部隊が駐屯する街まで出かけて行った。金正恩政権が核、弾道ロケット発射実験を繰り返し、朝鮮半島は緊張が高まっている。でも、チェさんが気がかりなのは戦争勃発ではない。部隊で息子がひもじい思いをしてないか、気が気でないのである。

◆人民軍に栄養失調蔓延、80年代から

「行っても会えるとは限らないけれどお金は届けられます。差し入れをしないと大変なことになります」

とチェさん。入隊して間もない若者が栄養失調で廃人のようになってしまうことが北朝鮮では珍しくないのだ。

朝鮮人民軍の兵力は100万人超とされる。人口比ではざっと5パーセントに及ぶ。日本で言えば650万人相当だ。軍隊に栄養失調が蔓延し始めたのは 80年代後半からだ。経済不振で大兵力を食べさせることができなくなったのだ。国から支給される食料が絶対的に足りない上、腐敗した軍幹部による横流しが ひどく、末端の兵士たちに栄養失調が蔓延するようになった。

この8年間、人民軍の食料事情について北朝鮮人の取材協力者たちと調査を続けてきた。優遇される部隊がある一方、一食にトウモロコシが手の ひら一杯程度か、親指位の小さなジャガイモが数十粒、副食は塩汁だけという部隊がたくさんあった。「部隊員の半分が栄養失調だ」と答えた下士官がいた。
次のページ:軍服務は11年 140センチ台でも合格...