「16歳です」。撮影者の問いにそう答えた女子中学生。身なりからホームレスではなさそうだが、ひどい痩せようだ。2008年8月黄海南道の海州(ヘジュ)市。

【映像に記録された少女たちの受難】記事一覧

90年代後半の大社会混乱が一応落ち着いた後も、数は減ったとはいえ、コチェビと呼ばれるホームレスの少女たちの姿が全国で見られた。
<北朝鮮写真報告内部>映像に記録された少女たちの受難1へ

子供たちが流浪するのは、親が死んだり養育できなくなって捨ててしまったからだ。つまり、親に異変が起きたからに他ならない。

配給制度がほぼ崩壊した後、北朝鮮の人々の大部分は、小商いをすることで生計を立ててきた。だが、病気になったり、何かの理由で拘束されたり、また商売に失敗したりすると、途端に現金収入の道が途絶える。

汚れた赤いリンゴのシャツにトレパン姿の少女が市場をぐるぐる徘徊していた。視線はずっと露店の食べ物に向けられていた。2010年6月平安南道にてキム・ドンチョル撮影(アジアプレス)

汚れた赤いリンゴのシャツにトレパン姿の少女が市場をぐるぐる徘徊していた。視線はずっと露店の食べ物に向けられていた。2010年6月平安南道にてキム・ドンチョル撮影(アジアプレス)

次のページ:真っ黒に煤けた顔の姉弟 など2枚の写真...