真っ暗闇の道路脇に座って石炭を袋詰めしていた中学生の少女。近くの作業場から失敬してきたものだという。売って生活の足しにすると言った。2009年8月平安南道にて撮影キム・ドンチョル(アジアプレス)

真っ暗闇の道路脇に座って石炭を袋詰めしていた中学生の少女。近くの作業場から失敬してきたものだという。売って生活の足しにすると言った。2009年8月平安南道にて撮影キム・ドンチョル(アジアプレス)

【映像に記録された少女たちの受難】記事一覧

1990年代半ば以降、北朝鮮の少なくない少女たちが、「コチェビ」(浮浪児)となって街を彷徨い、あるいは食べていくために、学業を放棄して昼夜働いている。その姿を捉えた写真をシリーズで掲載する。(石丸次郎)

汚れた赤いリンゴ模様のシャツにトレパン姿の少女が市場をぐるぐる徘徊していた。視線はずっと露店の食べ物に向けられていた。2010年6月平安南道にて撮影キム・ドンチョル(アジアプレス)

汚れた赤いリンゴ模様のシャツにトレパン姿の少女が市場をぐるぐる徘徊していた。視線はずっと露店の食べ物に向けられていた。2010年6月平安南道にて撮影キム・ドンチョル(アジアプレス)

次のページ:駅前の露天食堂前で物乞いする二人の幼児 など2枚の写真...