合法市場の既製服売り場で客に商品を勧める女性。しっかり化粧している。2010年6月中部の平安南道順川市にて撮影キム・ドンチョル(アジアプレス)

 

北朝鮮内部の取材パートナーが秘密裏に撮影した地方都市で働く女性たちである。彼女たちが、国家統制経済と無縁にお金を稼いでることがよくわかる。拡大一途の今日の市場経済を象徴するようなたくましい姿だ。

中国製の衣料を売っている女性は、市場の幅約80センチの売り場の「経営者」。仕入れも値付けもすべて彼女の裁量だ。

バスターミナルで商売をしたり、乗客引きをしたりしている女性の姿は、10数年前には見られなかった。鉄道などの国営交通が麻痺し、かわって登場した商業バスが爆発的に発達。今では、全国津々浦々を長距離バスが結ぶようになっている。
関連写真:市場で赤ん坊に乳やる美しい母親たちの姿撮った

中国産の白米は、今や北朝鮮のどこの市場でも大量に売られている。かつてコメは絶対統制品であったが、食糧配給制度が破綻すると、主に女性たちが禁を犯して流通させた。需要があるので中国から商業輸入する業者が出現することとなった。(石丸次郎)

バスの乗客目当てにタバコ(右)や軽食、飲み物を売る近隣の女性たち。中国地方都市で見られる光景と同じた。2013年9月黄海北道沙里院市にて撮影「ミンドウルレ」(アジアプレス)

次のページ:客を待つバスの車掌の若い女性 など2枚の写真...