◆守口市は徹底した原因究明と実効性のある再発防止を

こうしてみると、発注前調査と工事前の事前調査と2回にわたってずさんな調査が繰り返されたことになる。ところが、市はアスベストの見落とし原因について、事業者側にそれ以上の追及をしていない。

市の打ち出している再発防止については今後改めて触れるが、単純に資格者に委託するだけでは調査ミスは防げない。たとえば、調査者講習で求められる調査や報告書の作成方法を遵守すること、さらに調査結果が適切なのかをきちんとした有資格者が見直すことも必要だ。

上記の技術指針では、新たに大規模建築物や改修を繰り返している建物では実地研修も含めた特定建築物石綿含有建材調査者(特定調査者)または「一定の事前調査の経験を有する」一般建築物石綿含有建材調査者(一般調査者)が事前調査を行うことが「望ましい」と定めた。市はこうした指針も参考にすべきではないか。

いい加減な調査に投入された税金については使途が適切なのかとの問題も生じるはずだが、このあたりの対応も不明だ。少なくとも市は徹底した原因究明のうえで、実効性のある再発防止に取り組む義務があるはずだ。しかし、行政も市議会も現状では動きが鈍いといわざるを得ない。