入手した<絶対秘密>指定の金正恩氏の発言文書の表紙。(アジアプレス)

「韓流を掃討せよ」 秘密文書入手 国内で韓国憎悪を煽る金正恩政権(2) 都市から追放、公開裁判まで

北朝鮮は12月4日「反動思想文化排撃法」を採択した。条文は公表されていないが、標的が韓国の文化や情報=「韓流」であるのは間違いないだろう。この「排撃法」採択の一年以上前から、金正恩政権は「韓流」に対する取り締まりを専任組織まで作って強力に進めていた。アジアプレスでは労働党が作成した秘密文書を複数入手、統制の実態について国内各地で調査した。金正恩政権が徹底して進める「嫌韓」政策についてシリーズで報告する。

◆<絶対秘密>指定の「金正恩氏のお言葉」に書かれていたこと

アジアプレスが入手した文書の一つをまず紹介したい。「敬愛する最高領導者金正恩同志が2020年9月10日の党中央委員会の責任イルクン(活動家、幹部)にされたお言葉」がそれだ。<絶対秘密>指定されたもので表紙を含め全3ページだ。

限定された配布対象の「浸透単位」(機関)と「浸透対象」(地位)が記されており、労働党中央委員会での金正恩氏の発言を、全国の党と行政組織の幹部に指示伝達するために作成されたものだ。

各組織では、このような「お言葉」に基づき傘下の組織員や住民に向けて、取り締まり方針や政治思想教育の実施内容が定められ文書が別途作られる。それについては後述する。

◆オッパ、トンセン…「変態的な傀儡の言葉」と批判

文書にある金正恩氏「お言葉」の全文は次の通りだ。

「社会的に傀儡の言葉、傀儡風を倒すための闘争を強力に繰り広げなければなりません。

過去において、血肉関係ではない若い男女の間で傀儡の言葉を真似て『オッパ(お兄さん)』、『トンセン(妹、弟)』と呼ぶ現象が現れていることについて、何度も警鐘を鳴らしました。ところが、未だに一部の青年たちの中に、そのような言い方をする現象がなくなっていません。

これは、我が社会に変態的な傀儡の言葉、傀儡風が蔓延している代表的な表現です。

傀儡の言葉を使う現象は、一部の芸術人たちの間でも現れています。少年団時代までは、そのように呼ぶことがあるでしょうが、青年同盟生活をする男女青年の間では、そんな現象が絶対に現れないよう、彼らに対する教養をしっかりしなければなりません」

絶対秘密指定の文書の本文。上の傍線部は「オッパ」、「トンセン」、下は「変態的な傀儡の言葉、傀儡風が蔓延している」という金正恩氏の発言箇所。(撮影アジアプレス)

金正恩氏が言う「傀儡」とは言うまでもなく韓国のこと。米国の操り人形という意味だ。韓国では、他人同士でも親しくなれば、「オッパ」「トンセン」という言いまわしは普通に使われる。金正恩氏は直々にそれを批判し「言葉狩り」を指示したわけだ。それだけ「韓流」が社会に浸透していることの証だと言える。
次のページ: ◆ショートメールで「バイバイ」「チャルカ」... ↓