韓国と文在寅大統領を冒涜するために作られたビラの束(労働新聞より)

ここまでやるのか…。

最近始まったことではないとはいえ、この一年余りの間に北朝鮮政権が実行してきた「韓流」取り締まりは身震いするほどだ。

韓国風の言葉遣いで携帯メールを送った、韓国ドラマを隠れ見た、韓国の歌を仲間と歌った、それが露呈しただけで、若者たちは批判集会の舞台で糾弾され、進学や軍入隊から排除された。処罰はさらにエスカレートして、最近では、動員された群衆の前で開かれる公開裁判で懲役刑が宣告され、親を都市から追放までしている。

アジアプレスでは、過酷な処罰の指針を記した労働党の内部文書を入手した。まずタイトルからして仰々しい。「傀儡どもの言葉を模したり真似たりするゴミどもを徹底的に掃討するための対策と関連した提案書」。いわば、「韓流掃討戦」の作戦計画だ。

作成したのは労働党の組織指導部と宣伝煽動部で全5ページ。2020年6月末に全国に配布された。副題に「敬愛する最高領導者金正恩同志の2020年6月19日批准方針」とある通り、国民に対する反韓国宣伝、教養作業と、統制・処罰の指針を金正恩氏に提案し、承認を受けたものだ。具体的な内容を紹介したい。

入手した内部文書の表紙。上の傍線部は「狙撃戦、追撃戦、捜索戦、掃討戦」、下は「傀儡の言葉を真似る現象が集中的に現れていることを非常に深刻な問題と見て」という金正恩氏の発言箇所。(撮影アジアプレス)

◆金正恩氏が韓流の狙撃戦、追撃戦、捜索戦、掃討戦を指示

内部文書は、金正恩氏の5月13日の発言を引いて始まる。※( )内は石丸による補足

青年たちの日常的な言語生活の中に、傀儡の言葉を模したり真似たりする現象が現れていることは、非常に深刻な国家的な問題、社会的な問題であると同時に、政治的に見ると我が党の展望とも関連する非常に重大な問題だ

韓国の文化や情報=「韓流」の流入によって影響を受けた若者たちが、傀儡=韓国の言葉遣いまで真似するようになっており、それは体制を揺るがしかねない深刻な問題だという金正恩氏の危機意識が読みとれる。

文書には金正恩氏の激しい発言の紹介が続く。

我われの言語生活の領域に入ってきた傀儡の言葉のかけらの一切を燃やしてしまうための狙撃戦、追撃戦、捜索戦、掃討戦を全党的、全国家的、全同盟的に高い強度で繰り広げること

青年たちの間で、手電話(携帯電話)で話したり通報文(ショートメッセージ)をやり取りする際に、傀儡の言葉を模したり真似たりする現象が集中的に現れていることを非常に深刻な問題と見て革命的な対策を立て、この者らを傀儡どもの文化に汚染されたクズだと断定して、時代的に排斥されるようにすることも必要だ
次のページ: ◆「韓流」流布は反国家的犯罪... ↓