インターネット通販大手アマゾンで販売されていた珪藻土(けいそうど)バスマットから発がん性の高いアスベスト(石綿)の検出が相次ぐ。さらに「検査済み」として販売されていた製品からも検出。ネット通販で販売されている珪藻土製品は安全なのか。(井部正之)

アマゾンの販売ページで「検査済み」と安全性を強調していたが、基準超のアスベストを検出したJASKIVIの珪藻土バスマット。厚労省発表資料より

◆「検査済み」なのにアスベスト検出

この間アマゾンで販売され、アスベストの検出が明らかになっているのは計3製品。

まずエイベクト(鳥取県米子市)が2019年11月9日から2020年12月29日までにアマゾンや楽天市場、ヤフーショッピングで販売した珪藻土トレーがある。同社が販売したのは計31セット(4枚入り)。中国で製造されたもので、輸入業者から仕入れてもらって販売した。

購入者からの問い合わせを受けて分析したところクリソタイル(白石綿)が労働安全衛生法(安衛法)の基準(重量比0.1%)を超えて含まれていることが判明。1月19日に自主回収を発表した。

残る2製品は珪藻土バスマットで、厚生労働省が独自に買い取って分析調査したもの。

同省は2020年12月以降にアマゾンで取り扱っていた出品者・KMJの「KEISOUDOS1高品質珪藻土バスマット(40cm×30cm、色:ベージュ)」とJASKIVIの「珪藻土バスマット(40cm×30cm×0.9cm、色:グレー、バスマット表面に「JASKIVI」の彫り込みあり)」から基準超のアスベストを検出。1月29日に公表した。いずれも中国からの輸入品。

同省化学物質対策課によれば、KMJの製品からはアスベストの1つでとくに発がん性の高いトレモライト、JASKIVIの製品からはクリソタイル(白石綿)を検出。定量分析の結果について同省は明言を避けたが、「0.1%超で1%に満たないくらい」「0.1%超ぎりぎりということはない」という。

とくにJASKIVIの製品は販売ページでアスベスト「検査済み」で安全と標ぼうしていた。ただし分析結果の報告書は掲載していなかった。

同省は出品者が中国を含む海外からの出品者である可能性を認め、アマゾンを通じてアスベスト検出の経緯や原因の説明、自主回収を求めている。