北朝鮮の<絶対秘密>指定文書を入手した。

朝鮮労働党が2021年10月初めに発行したもので、財政難に苦しむ金正恩政権がとうとう紙幣発行ができなくなり、代わりに臨時の金券(トンピョ)を発行せざるを得なくなった事情が記されていた。

さらに、住民たちは不信感から商店や市場で「トンピョ」の受け取りを拒否したり、割り引いて売買したりするなど、混乱が生じていることも赤裸々に書かれていた。

 

これが新たに発行された臨時金券「トンピョ」。写真を入手した脱北者から提供を受けた。(アジアプレス)

◆臨時金券「トンピョ」とは何か?

まず、この「トンピョ」について説明しよう。

「トンピョ」は朝鮮中央銀行が発行する臨時の金券、いわばクーポンである。額面は正規の紙幣の最高額と同じ5000ウォン。9月初旬、韓国メディアが入手した写真を報じて明らかになった。発行されたのは8月から9月初めにかけてだと思われる。

※5000ウォンは11月12日の実勢レートで約65円。

ところが、「トンピョ」は発行するやいなや住民たちから不信を買っている。北部地域に住む複数の取材協力者は、10月後半に現状を次のように報告してきていた。

「国のお金も信用ならないのに、『トンピョ』なんて誰が信じるのか。商売人たちはできるだけ受け取らないようにしている」(咸鏡北道(ハムギョンプクド))

「『トンピョ』のことを人々は鼻で笑っている。それで5000ウォン券を現金4000ウォン程に割り引いて買い取る両替商が出ている。彼らはまだ現金を持っている企業や機関に持っていってコネを使って現金と交換して利ざやを稼いでいる。『トンピョ』が出て国に金がないことが分かったから、何が何でも中国元か米ドルを持たなければならないと考える人が増えた」(両江道(リャンガンド))

 

入手した北朝鮮の<絶対秘密>指定文書の表紙(アジアプレス)

◆「コロナで財政危機」認める

入手した<絶対秘密>指定の内部文書は、次のような説明で始まる。

「総書記同志(金正恩氏のこと)が2021年の9月24日に与えられた批准課業を徹底的に執行するための政治事業資料『中央銀行トンピョを発行した国家的措置に対する正しい認識を持ち、その流通過程に偏向が現れないようにすることについて』を受け取ったら、直ちに幹部と労働者、住民の中に漏れなく浸透させなければなりません」

文書は労働党の宣伝煽動部が作成したものだ。金正恩氏の指示に基づき、「トンピョ」の流通で生じている問題について、幹部と労働者、住民をしっかり統制せよと、宣伝煽動部が党組織に求める内容だ。

そもそも、北朝鮮当局はなぜ臨時金券「トンピョ」の発行を断行したのか? そしてどのような問題が生じているのだろうか? 

「最近、国家的に5000ウォン券種の中央銀行トンピョを発行し、機関、工場、企業所の生産経営活動と関連する資金、幹部たちと従業員たちの生活費(引用者注:給与のこと)、住民たちの貯金、銀行カードのお金など、様々な空間を通じて支出している」

内部文書はこのように書く。つまり、党や行政、公安などの機関と国営企業に資金を投入するとともに、金融機関の貨幣流通を滞らせないために、現金でなく「トンピョ」を発行したというわけだ。

そして、発行の理由を次のように説明している。

「…世界的な保健危機が長期化しているため、国家的に工場、企業所の生産と経営活動に必要な現金需要を円満に充足させられないことから、経済建設と人民生活向上のための事業が支障を受けている。国家では貨幣流通における一時的な難関を主動的に打開するため、5000ウォン券種の中央銀行トンピョを発行する措置を取った」

入手した内部文書の一部。「貨幣流通における一時的な難関を主動的に打開するため、5000ウォン券種の中央銀行トンピョを発行する措置を取った」とある。(アジアプレス)

 

「保健危機」とは、いうまでもなく新型コロナウイルスによるパンデミックのことだ。北朝鮮政府はウイルス流入を遮断するため、昨年1月末から中国との国境を閉じて貿易を激減させ、国内で人の移動と物資の流通を厳しく統制した。その副作用によって財政危機が発生していることを文書は認めている。

だが、「必要な現金需要を円満に充足させられない」なら、なぜ現金を追加発行せず、臨時金券を発行したのだろうか? 札を刷ってインフレを招くことを恐れたのであれば、「トンピョ」の発行とて、同様の懸念が生じるはずだ。
次のページ: ◆紙とインク輸入できず紙幣印刷不能に... ↓