(参考写真)おめかしした女子中学生。外国の流行の影響は明らかだ。2013年10月に両江道恵山市にて撮影アジアプレス

◆「想像していた以上に深刻です」

北朝鮮で、未成年者やの高級中学生(日本の高校に該当)の女子生徒に対する売買春行為が都市部で拡散していて、当局が青年組織を通じて取り締まりを始めたことが分かった。北朝鮮国内の取材協力者が、その実態について女子生徒会に会うなどして調べた。(カン・ジウォン

「青年同盟の内部で、女子高生ら青少年の性売買に対して取り締まりを強め、これを徹底的に根絶するよう指示が下されました。検挙したら少年教養所(少年院にあたる)に送るとしています。近隣の人や女子生徒に訊いたら、想像していた以上に深刻なので驚きました」

10月末にこう伝えてきたのは、北部の咸鏡北道(ハムギョンプクド)に住む取材協力者の女性だ。
※青年同盟=社会主義愛国青年同盟 高級中学の生徒、大学生から概ね30歳までの勤労青年までを組織する労働党傘下の大衆組織。

中国との国境を封鎖してしまうなど、金正恩政権の過剰な新型コロナウイルス対策で、国内経済は麻痺状態にある。誰もが現金収入を激減させた。窮乏して売春に走る女性が増えて取り締まりが強まっていたことは、この協力者も知っていた。だが青年同盟が内部統制に乗り出すほど未成年者の売春が深刻化しているとは知らなかったというのだ。
次のページ: ◆北朝鮮版「援助交際」まで... ↓