平壌中心のアパート街で座り込んでジャガイモを売る若い女性。(アジアプレス)

 

連載1回目→ <S・マザーに聞く>怒る北朝鮮の女性たち 男社会に反抗す(1)ダメ夫に離婚突きつける本音とは?

北朝鮮でも少子化が問題になっている。長引く経済苦境で子供を生まない傾向が続いていることに加え、結婚を忌避する若い女性が増えているからだ。当局はこれを問題視し、「女性も朝鮮革命に貢献せよ」と介入と圧力を強めているという。

北朝鮮は社会主義を標榜しながら男尊女子の風潮が根強い。男中心社会の在り方に「反抗する」女性たちの意識について、北部地域に住むシングルマザーに聞いた。彼女は離婚後、中学生の娘を一人で育てている。

◆結婚しない若い女性が急増

「朝鮮では、男たちは結婚したがるけれど、若い女性には、何とかして結婚せずにいたいという人がとても増えました。結婚観はがらりと変わりましたね。お金さえあればなんとか生きていける。結婚よりもお金が大事。それが合言葉のようになっている。一度結婚すると離婚が難しいということもある。離婚することができなず別居する女性も多いです。

――なぜ結婚を嫌がるのでしょう?

「そりゃ、女性ばかり負担が増えるからですよ。男は給料も食糧配給も出ない職場に出ないといけないので、女性が外で商売して夫と子供を養わないといけない。女性たちの間では、結婚生活は留守番するしか能がないワンワン(番犬)を飼っているようなものだと言い合っています。それでも夜の営みの相手をさせられるので、「もう男は要らない!」というのが私の周囲ではスローガンになっています、

若い女性はそれを知っているので、『なぜ嫁に行かないのか』なんて、答えが当たり前すぎて聞くのもおかしいんですよ。未婚女性で、市場でしっかり稼いでいる人も多いですし、夫の世話をしなくても済む未亡人たちの方が、むしろ暮らし向きがましです」

※男性が職場を離脱して商行為をすると罰せられる。
次のページ: ◆当局は「革命のために子供を生め」... ↓