鴨緑江で洗濯する北朝鮮の女性たち。2019年9月に中国側から撮影石丸次郎

今も社会主義を標榜する北朝鮮だが、男尊女卑の風潮は根強い。「女のくせに」、「女だから」…。北朝鮮の人たちや脱北者と話していて、しばしば出て来る言い回しだ。女性たちはずっと犠牲を強いられてきたが、過剰な新型コロナウイルス防疫策をきっかけに男中心社会への「反乱」が起こっているという。北部地域に住む取材協力者の女性に、最近の事情を聞いた。彼女は離婚経験のあるシングルマザーだ。第一回目は夫への不満を爆発させて家を出たり、離婚を突きつけたりする女性が急増していることについて。

◆コロナで困窮しダメ夫に愛想つかす

「最近、夫を置いて逃げ出したり、離婚を突きつけたりする女性がとても増えました。一番の理由はコロナで生活が苦しくなったこと。男は国に配置された職場に無条件に出勤しなければなりませんが、ほとんど生産が止まっていて給料も食糧配給もありません。それどころか、職場では労働者に現金や薪、ガソリンなどの資材の供出を要求します。
次のページ: 妻は必死に商売して稼いで... ↓