90年代末に先軍時代を宣布して以来、金正日は側近と軍部隊を訪問する回数が急増した。ポスト金正日体制に軍が関与できるのかどうか、現段階では未知数だ。(わが民族同士HPより)

90年代末に先軍時代を宣布して以来、金正日は側近と軍部隊を訪問する回数が急増した。ポスト金正日体制に軍が関与できるのかどうか、現段階では未知数だ。(わが民族同士HPより)

三代世襲は困難 「後継問題」に直面する北朝鮮政権 3
リュウ・ギョンウォン

権力後継が困難な八つの理由(承前)
[4]不安定で人民の支持がない「先軍政治」を継承するハイリスク
朝鮮では一九八〇年の第六次党大会以降、執権政党の党大会が開催できないという異常事態が二八年間続いている。
この二八年間の朝鮮の政治は、党と軍が周期的にかわるがわる攻撃にさらされるということを繰り返してきた。つまり、党と軍のどちらか一方に実勢が偏る特徴があるのだ。

現在は「先軍」の時代だ。
その準備のために一九九〇年代後半に党が攻撃された。逆に一九九〇年代前半は、軍がひどく粛清された。今度は、また軍が攻撃を受ける番となる可能性がある。

普通、軍が権勢を振るう期間は相対的に短い。そうならざるを得ないのは、軍があまり長期間実権を握ると、朝鮮では国家経済と組織生活の体系が後退し、それによって軍も補給線が途切れてしまうからだ。

しかし、現在の先軍政治がなかなか退場しないのは、軍がこれまでに前例のない、国家を経ずに権益を自分たちの懐に直接抱え込む、いわゆる「自力更生補給体系」(注1)を獲得したためである。
この軍部の経済は生産に役立たない消費経済である。
一九八〇年代に国家が改革開放を円満に行い軍に対する補給能力を喪失していなければ、金正日が軍の統帥権を握ろうが握るまいが、党が軍を統率していればよく、先軍政治は必要なかったはずだ。
次のページへ ...