"動画

動画 (03分54秒)  <会員は動画がご覧になれます>(撮影:2011年 8月 ク・グァンホ)

◆国定価格での販売は一部...品物のほとんどは陳列用

平壌市の中区域に位置する「平壌第一百貨店」は、「北朝鮮式社会主義」のシンボルとも言えるナンバーワンの国営百貨店だ。故金正日総書記は昨年7月 に同百貨店で開催された「商品展示会」に参加、満足の意を表したとされる。その直後の8月、「リムジンガン」具光鎬(ク・グァンホ)記者が百貨店内部を撮 影取材した。ク記者のカメラが捉えたのは、ほとんどの品物を「売ることのできない」、巨大な展示場に転落した百貨店の真の姿だった。

食料品、衣類、各種工業製品など、たくさんの品物が並んでいるが、百貨店の販売員たちも「いつ販売できるか分からない」と口を揃える。一部では、国 産のタバコや靴、台所用品が市場価格に比べて遥かに安い国定価格で売られており、買い求める人たちが長蛇の列を作っていた。だが、購入には国から配給され る『供給票』が無ければならず、誰もが買える訳ではない。

テレビや洗濯機などの電化製品売り場でも、商品はずらりと並んでいるだけで、買う人はいない。価格は市場と同じヤミ価格だ。撮影したク記者によると 「必要なものがあればジャンマダン(市場)で買うのが普通。同じ価格でもジャンマダンで買えば値切ることもできるから」と説明した。また、ク記者はこの百 貨店が存在する理由について「『われわれ式の社会主義は死んではいない、生きている』ということを誇示するため」と語った。

 

動画 (03分36秒)  (C)ASIAPRESS
<動画が滑らかな再生でない箇所は撮影時の元動画が原因であり、再生の問題ではありません>

 

無料動画

fa-film もっと多くの無料動画は『アジアプレスYouTubeチャンネル』よりご覧になれます。

 

写真ギャラリー

もっと多くの『写真ギャラリー』を見る ≫

 

写真記事

 

応援コンテンツ