2013年3月、平安北道のある鉄道施設。中国に輸出される石炭を輸送しているダンプカーや鉄道の施設の付近に人が集まっている。トラックや貨物列 車から落ちる石炭を拾い集めるためだ。ダンプカーが止まっている隙に荷台によじ上って、石炭を落とす者もいる。 女性たちは、はけで地面に落ちた石炭の粉を集めている。

石炭を拾っていた一人のお婆さんに撮影者が声をかける。一日にバケツ2杯分を拾うという。1杯あたり北朝鮮ウォンで5000ウォン(当時の実勢レー トで約0.4ドル)で売れるというから、一般企業所の給料の2か月分になる。 住民たちが大勢集まって石炭拾いに精を出すのには、十分な理由があるのだ。

撮影 チーム・ミンドウルレ 整理 キム・ジョンハク
動画 (2分15秒)  (C)ASIAPRESS

 

無料動画

fa-film もっと多くの無料動画は『アジアプレスYouTubeチャンネル』よりご覧になれます。

 

写真ギャラリー

もっと多くの『写真ギャラリー』を見る ≫

 

写真記事

 

応援コンテンツ