国内経済の低迷と国営企業の活動停滞は、北朝鮮の人々を実質的な失業状態に追い込んだ。その一方で、拡大を続ける朝中貿易の現場なでは、そうした労働力を吸収する「人力市場」が誕生している。そして、その市場を仕切っているのは暴力を背景にした少数のボスたちであり、彼らの周囲にカネ目当ての保安機関幹部らが群がることによって、ひとつの「利権構造」というべきものが出来上がっているのだ。両江道恵山(ヘサン)市の税関の荷役業務における労働市場の実態について報告する。(ペク・チャンリョン/訳・整理 リ・チェク)

中国側から撮影した両江道の恵山市。鴨緑江の連絡橋を渡ったところに税関がある。(2010年7月 リ・ジンス撮影)

中国側から撮影した両江道の恵山市。鴨緑江の連絡橋を渡ったところに税関がある。(2010年7月 リ・ジンス撮影)

 

◇大金を稼いだ人力市場の「ボス」
両江道恵山市は北方の鴨緑江を挟み、中国吉林省の長白朝鮮族自治県と向かい合う国境都市だ。近年、朝鮮でもとくに密貿易が活発な地域として知られてきたが、長白県との間には橋がかけられており、〝オモテ〟の貿易で行き交う物量も相当なものがある。

2013年5月16日に韓国の聯合ニュースが、中国の現地紙の情報をもとに、「国境の橋梁に対する全面的な補強工事が始められた」と報じた。それによると、恵山と長白県を行き来するトラックは増えているのに、1985年に建設されたこの橋は長期にわたり補修がなされておらず、トラックの積載重量に耐えられなくなっていたという。

このような物資の行き来は、恵山において大量の「人力(インリョク)」需要を生んできた。荷物の積み込みや荷下しなどを担う、「荷役」としてである。恵山には、中国との貿易に携わる会社が荷役の労働者を調達するための「人力市場」が形成されていて、それは多くの人々に生計の道を与えている。

続きを見る...
本稿は「北朝鮮内部からの通信・リムジンガン7号」掲載原稿を加筆修正したものです。
<北朝鮮>出現した「人力市場」の実態(2)へ>>

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします