ミャンマー(ビルマ)で25年ぶりに行われた総選挙に合わせて、フォトジャーナリストの宇田有三氏が現地入りし、投票日までの3週間、最大都市ヤンゴンと同国で最も経済的に貧しいといわれる西部ラカイン州を回り、現地の人びとの生の様子を写し撮った。シリーズで紹介する。

※写真はすべて10月中旬以降に宇田有三氏が撮影したもの。

激しい夕立の中でも選挙運動を繰り広げる国民民主連盟(NLD)の運動家たち。(イラワジ地域)

激しい夕立の中でも選挙運動を繰り広げる国民民主連盟(NLD)の運動家たち。(イラワジ地域)

投票日を3日後に控え、内外約500人の報道陣を前に記者会見するアウンサンスーチー氏。厳しい質問には厳しい表情で対応し、穏やかな質問には穏やかな表情で答える。撮影宇田有三

投票日を3日後に控え、内外約500人の報道陣を前に記者会見するアウンサンスーチー氏。厳しい質問には厳しい表情で対応し、穏やかな質問には穏やかな表情で答える。撮影宇田有三

次のページへ ...

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします