ビルマ(ミャンマー)取材20余年のフォトジャーナリスト宇田有三氏が、国民民主連盟(NLD)が25年ぶりに参加する総選挙を現地で取材。写真報告の二回目は投開票の行われた8日、9日のヤンゴ市内の様子を撮ったもの。市民がそわそわしている様子が伝わってくる。

※写真はすべて11月8日、9日にヤンゴン市内で宇田有三氏が撮影したもの。

アウンサンスーチー氏が自分の居住する地区の投票所(小学校)に姿を現した。投票室に入る前、退出時、終始硬い表情を崩さなかった。撮影 宇田有三

アウンサンスーチー氏が自分の居住する地区の投票所(小学校)に姿を現した。投票室に入る前、退出時、終始硬い表情を崩さなかった。撮影 宇田有三

アウンサンスーチー氏が、自身初めての投票を行う。(前回1990年当時、自宅軟禁に置かれていたため)撮影 宇田有三

アウンサンスーチー氏が、自身初めての投票を行う。(前回1990年当時、自宅軟禁に置かれていたため)撮影 宇田有三

アウンサンスーチー氏の投票を取材するため多くの報道陣が集まった。この投票所の有権者数よりも多いのではないかと揶揄する地元メディアもあった。撮影 宇田有三

アウンサンスーチー氏の投票を取材するため多くの報道陣が集まった。この投票所の有権者数よりも多いのではないかと揶揄する地元メディアもあった。撮影 宇田有三