ローラースケート場視察の場でも、金正恩の隣で張は後ろ手を組み、別の人間と歓談するなど余裕を見せ付けている。(2012年11月4日、朝鮮中央通信より引用)

ローラースケート場視察の場でも、金正恩の隣で張は後ろ手を組み、別の人間と歓談するなど余裕を見せ付けている。(2012年11月4日、朝鮮中央通信より引用)

張粛清の理由は「唯一領導体系違反」
しかし、北朝鮮の唯一独裁はそう甘くなかった。脱北して外部世界にいる私ですら気づいた張成沢の増長と異変は、結局、わずか二年で幕引きとなったのである。
ということは、おそらく北朝鮮中の人間がメディアに出る張成沢の写真を見て、その権勢の強さと「異変」を感じたに違いない。
この張成沢の、あたかも領導者と肩を並べる、あるいは凌駕しているかのような印象を与えた写真は、金正恩に対する「不敬」、「不遜」の象徴として扱われたようである。

これも張と金正恩が「並び立つ」ことを印象付ける強烈な写真だ。右前列にいる金慶姫と崔龍海をはじめ会場の全員が、まるで二人を称えて拍手を送っているように見える。2013年4月15日の金日成生誕日に楽団の演奏観覧を伝える記事より。(労働新聞)より引用)

これも張と金正恩が「並び立つ」ことを印象付ける強烈な写真だ。右前列にいる金慶姫と崔龍海をはじめ会場の全員が、まるで二人を称えて拍手を送っているように見える。2013年4月15日の金日成生誕日に楽団の演奏観覧を伝える記事より。(労働新聞)より引用)

2013年12月、北朝鮮当局は張成沢の粛清に当たって、「国家安全保衛部の特別軍事裁判に関する報道」を発表し、張成沢粛清にいたる経緯と理由を公開した。この報道は次のように指摘している。

「張成沢は、敬愛する金正恩元帥様の現地指導にしばしば随行するようになったことを悪用して、自分がいつも元帥様の近くにいながら革命の首脳部と肩を並べられる特別な存在であるということを国内外に示して自分に対する幻想を生じさせようと企んだ」。

張成沢は、実力者たる自分をメディアを通じて顕示しようとしたが、それが「指導者並び立たず」を大原則とする唯一独裁体制に挑戦しようとした証拠として使われたのだろう。(ペク・チャンリョン/石丸次郎)

本稿は、「北朝鮮内部からの通信・リムジンガン」第7号の特集「揺れた金正恩の三年  唯一独裁確立と張成沢粛清を振り返る」の記事に加筆修正したものです。張成沢粛清関連の詳しい内容は「リムジンガン」7号をご覧ください。

<張成沢 写真に現れていた粛清の理由>1へ

【関連記事】
朝中国境で韓国人失踪 北当局が拉致か 本誌が4月既報の「首脳部暗殺テロ犯逮捕」事件と一致
<北朝鮮内部>上級幹部にも脱北防止講習「韓国行った者は悲惨」強調 海外で逃亡相次いで危機感か
<北朝鮮内部からの通信・リムジンガン>奪われるために働く農民たちの悲惨~農業担当幹部秘密インタビュー(1)

 
おすすめ<北朝鮮> 写真特集・無料動画…