4度目の核実験を強行し、さらに「衛星ロケット」を来週にも発射することを予告している北朝鮮に対し、強力な経済制裁を科すべきだとの声が国際社会で高まっている。北朝鮮が貿易の90%を依存する中国は、制裁強化に積極的でないと伝えられているが、北朝鮮人民の実生活において、中国への経済依存はいかほ どのものなのだろうか? 1月下旬、北朝鮮内部に住む複数の取材協力者に聞いた。(カン・ジウォン / ペク・チャンリョン)

食事をする商売人が売っているのは中国産のコメ。価格を尋ねると中国通貨で答えた。2013年10月撮影アジアプレス。

食事をする商売人が売っているのは中国産のコメ。価格を尋ねると中国通貨で答えた。2013年10月撮影アジアプレス。

 

中国との国境地域の小都市に住むアジアプレスの取材協力者A氏は、中国がもし北朝鮮への支援を絶てば、北朝鮮経済はすぐ潰れるだろうと断言して次のように述べた。

「現在、私の住む地域で稼動するすべての工場は、中国人の投資を受けて運営されているし、生産品も中国に輸出して金を稼いでいる。また、昨年の10 月と11月だけでも、この地域の未婚女性100人ほどが中国に労働者派遣で行きました。皆、食堂で仕事をするそうですが、給料の一定額は国家に納めます。 私個人は、朝鮮の中国に対する経済依存は80%程になると思う。私の住む地域の経済は、間違いなく中国との交易で回っています」と言い切った。

平壌中心のモラン市場で売られているチリ紙など衛生用品はすべて中国製品だった。2011年6月ク・グワンホ撮影(アジアプレス)

平壌中心のモラン市場で売られているチリ紙など衛生用品はすべて中国製品だった。2011年6月ク・グワンホ撮影(アジアプレス)

 

別の北部地域に住む取材協力者B氏も、北朝鮮にとって中国は不可欠だと、次のように強調した。
「中国は重要な国という程度ではなく、(北朝鮮にとって)なくてはならない国だ。 もし中国商品がなければ市場の運営はできなくなるし、外貨稼ぎの会社も全部潰れるだろう。もし税関が閉じられたら海で獲った海産物も輸出できなくなる。中 国との関係が止まってしまったら、朝鮮はどうやって生きていけるでしょうか」
次のページ:中国元は今や流通貨幣の中心...