(参考写真)覚醒剤犯で教化所は収容者が急増しているという。2009年8月平安南道の三登教化所

 

前回は、北朝鮮国内の覚醒剤汚染の深刻さについて書いた。

北朝鮮内部からの報告で驚いた。麻薬・覚醒剤の取締りを主導しているのが秘密警察の国家保衛省だったからだ。一般犯罪を扱う保安省(警察)だけでは、覚醒剤蔓延を抑えきれないと判断したのか、あるいは、役人が腐敗し賄賂による買収が横行しているため、二つの公安機関を牽制・競争させようとしたのかもしれない。いずれにしても、北朝鮮内部ではかつてない激しい薬物取締りの暴風が吹き荒れている模様だ。

その前触れはすでに3月初旬の取材協力者からの電話で伝わっていた。中国との国境地域の住民を対象に講演会が開かれ、その場で当局が、「一般社会で薬物が堂々と乱用されている。今後、薬物の服用や密売に関与する者は絶対に容赦しない」と、薬物使用に対する集中取り締まりを予告していたのだ。

3月28日、咸鏡北道と両江道に住むアジアプレスの複数の取材協力者が、集中取り締まりが本格化したと伝えてきた。彼らの報告は次のようなものだった。

「集中取り締まりは3月10日頃から始まった。まず保衛部が覚醒剤犯罪容疑者を捕まえて一次調査を行い、その中から罰すべき人間を選び出して保安署(警察署)に送り、二次取り調べをして判決を下すやり方だ」

処罰には厳格な基準が設定された。

「覚醒剤を一度でも使用した者は労働鍛錬隊に送っている。さらに所持・使用が1グラム以上の場合は6か月から1年の強制労働刑になり、10グラム以上の場合は無条件に『管理所』に送られることになった」。※労働鍛錬隊は短期の強制労働キャンプで刑期は1年未満。裁判なしで保安署の判断で拘留できる。

「管理所」とは、北朝鮮では政治犯収容所のことを指すのだが、取材協力者によれば、刑務所に当たる「教化所」とは別に、麻薬事犯を専門的に拘禁する強制労働施設を「管理所」と名付けて運営を始めたとのことだ。刑期は2年以上だという。
次のページ:また自首と密告を大々的に呼び掛け、取引も持ち掛けているという...

越えてくる者、迎えいれる者 ― 脱北作家・韓国作家共同小説集

越えてくる者、迎えいれる者 ― 脱北作家・韓国作家共同小説集

韓国入りした北朝鮮人作家6人と、韓国の作家7人による共同小説集。
脱北作家たちの作品からは、窺い知ることが難しい北朝鮮民衆の暮らしぶりを知ることが出来ます。

訳者: 和田とも美

出版社: アジアプレス 出版部
価格: 1,490円(税込) 送料無料!

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう