エヴァリンさんは大のアニメ好きであり、日本好きでもある。新しい世代、私の世代なら平和を実現するチャンスがあるという(東エルサレム 2018年5月撮影・古居みずえ)

 

イスラエルにとって2018年は建国してから70年目になる。建国70年について、平和について、イスラエルの女性たちはどんな思いでいるのか。5人の女性に話を聞いた。第1回目は、ユダヤ教超正統派の家庭に生まれ育ったエヴァリンさん。「イスラエル人の国とパレスチナ人の国と共存する道を信じている」と話す。(エルサレムにて取材・古居みずえ・アジアプレス)

第1回:エヴァリンさん(ヘブライ大学学生 20代)

◆大学へ行って、考えが変わった

「アニメの映画、大好きです!アニメーション大好きです!」

日本語で話しかけてくれたのは、エルサレムに住むエヴァリンさん。今から10年前、インターネットで見つけたアニメーションがきっかけとなり、以来、とりことなったという。

当時はそれらのアニメが日本のものとは知らなかったが、大好きになり、ほとんどのアニメを見つくしたという。英語で見られるのもがなくなり、原作を検索していたら、それが日本語だとわかったという。そこで日本語版を最初から見ることに。

「アニメーションでは教科書みたいな日本語を話さない。なんてすばらしい言葉だろう。日本語を学びたい!」当時エヴァリンさんは18歳だった。

エヴァリンさんのユニークさはアニメ好きだけではない。もともと厳格なユダヤ教超正統派の家庭に生まれ、育った。エヴァリンさんはロシアで生まれ、両親と共に3歳の時にイスラエルにやって来た。6歳のときに両親は正統派となった。以来、彼女は人生のすべてを正統派の中で過ごしてきた。18歳の時にお見合いで結婚。その頃のエヴァリンさんはアニメに夢中だった。

「よし。日本語を学ぼう。大学で専攻しよう」と。

しかしエヴァリンさんは夫に「女性は大学にいくものではない」といわれ、大学への道が閉ざされた。どうしても勉強したかったエヴァリンさんは、自分でお金を工面し、テルアビブにあるアジアの語学学校に通った。大学に入るための試験もいくつか受け直し、エルサレムにあるヘブライ大学に入学した。

一方で離婚することになったエヴァリンさんは、のちに正統派をやめ、世俗派となった。それはあとで知り合った現在の夫のためだった。

超正統派ユダヤ人から世俗派に。大学に入って、自分とは縁のない、遠い世界の人だと思っていた人が、実は自分と同じような問題を抱えた、同じ人間だと気づくようになったという(東エルサレム 2018年1月撮影・古居みずえ)

 

エヴァリンさんは大学に通ったことで、多くの意味で考え方が変わったという。彼女は超正統派のコミュニティの中だけで人生を過ごし、結婚するまでは女性以外の人と話をしたことはなかったという。

エヴァリンさんは、

「初めて男性と話したのはお見合いの場です。世俗的なユダヤ人とアラブ人どころの話ではありません。彼らが身近にいることは知っていましたが、会ったことも話したこともありませんでした。禁止されていましたし、そうする理由がなかったからです」

という。エヴァリンさんは続ける。

「大学に入ったことで、いろいろなところから来た、異なった視点を持つ様々な人に出会うと、自分とは縁のない、遠い世界の人だと思っていた人が、実は自分と同じような問題を抱えた、同じ人間だと気づきます。例えば誰か助けが必要な時は、それがアラブ人か、キリスト教徒なんて関係ありません。私たちの間で違いなんてありません。隣人はアラブ人ですし、アラブ人の友人もいます」

今年の418日の日没から、19日の日没まで、イスラエルでは建国された日を記念して、記念行事があちらこちらで行われていた。エルサレムでも町のいたるところで、イベントが開かれ、人々は夜通し町を練り歩く。歌ったり踊ったりする人たちもいた。

越えてくる者、迎えいれる者 ― 脱北作家・韓国作家共同小説集

越えてくる者、迎えいれる者 ― 脱北作家・韓国作家共同小説集

韓国入りした北朝鮮人作家6人と、韓国の作家7人による共同小説集。
脱北作家たちの作品からは、窺い知ることが難しい北朝鮮民衆の暮らしぶりを知ることが出来ます。

訳者: 和田とも美

出版社: アジアプレス 出版部
価格: 1,490円(税込) 送料無料!

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう