サイフさんのIS時代と脱出後に難民として受け入れられたカナダの高校で(本人提供)

◆ISが両親殺害、自身は拉致されIS戦闘員に

カナダ、カルガリーの大学生、サイフ・ミトさん(21歳)は、イラク出身のヤズディ教徒。4年前、難民としてカナダに受け入れられた。過激派組織「イスラム国」(IS)に両親を殺され、自身はISに拉致、戦闘員にさせられた。過酷な体験を乗り越え、新たな人生を歩み始めたサイフさんに、ネットを通して聞いた。(玉本英子/アジアプレス

2014 年、ISはシンジャルのヤズディ教徒住民を襲撃。抵抗したり、イスラムへの改宗を受け入れなった住民は殺害。逃げ遅れた住民は映像の後ろのシンジャル山に追い詰められた。IS映像には「不信仰者へのアッラーの裁き」とある。(IS映像)※一部ぼかしを入れています。

シンジャル一帯のヤズディ教徒地域が狙われた。住民男性は殺害か、改宗強要したうえで別の土地に移送されるなどした。女児も含む女性はIS戦闘員らが分配。男児はIS戦闘員として養成されることになった。(地図は2014年8月時点)

◆ヤズディ襲撃、殺戮と拉致

彼の故郷は、イラク北西部シンジャル近郊のコジョ村。1700人の住民ほとんどが、ヤズディ教徒だった。「家は大きく、家族との楽しい日々があった」。

平和な生活が壊されたのは2014年8月。少数宗教ヤズディ教を「邪教」とみなしたISは、シンジャル一帯の町や村を一斉に襲撃。コジョ村では、学校の校舎に住民を集め、男と女に分けた。当時12歳だった彼と弟は、父のそばから引き離された。

「父は僕たちを安心させるかのように微笑みを見せた。それが最後に見た父の顔だった」。

シンジャルの南にあるコジョ村。IS襲撃時、この小中学校の校舎で住民が男女に分けられた。2018年取材時はISが撤退していたが、村に戻る住民はいなかった。(2018年・コジョで・撮影:玉本英子)

ISはイスラム教への改宗を迫るが、父と村の男たちは拒んだ。ISは男たちを空き地に連れて行き、銃殺。さらに年配女性だった母を、サイフさんの目の前で射ち殺した。

若い女性は「戦利品」「奴隷」としてISの支配地域へ移送され、少女も含めて戦闘員が分配、強制結婚させられた。のちにISの元から脱出し、その悲劇を伝えてノーベル平和賞を受賞した女性、ナディア・ムラッドさんもこの村の出身で、同様に家族を殺されている。

コジョ村に残るISの痕跡。シンジャル一帯のヤズディ住民は、クルディスタン地域の避難民キャンプに身を寄せたり、難民として欧米に受け入れられた者も。だがISに拉致されたまま未だ行方不明の住民も少なくない。(2018年・コジョで・撮影:玉本英子)

◆拉致した少年を戦闘員に養成

少年や男児には、別の過酷な運命が待ち受けていた。戦闘員として養成されたのだ。サイフさんと弟は、隣国シリアのIS軍事キャンプで、少年100人とともに銃の扱いを叩き込まれた。「逃げることもできず、従うしかなかった」

2014年にISが公表した映像。シリア、ラッカで男児らを戦闘員として養成する映像だが、すべてシンジャルから拉致されたヤズディ教徒だった。(IS映像)

ISは少年らを「カリフ国の若き獅子たち」などとして、戦闘員に養成し、「不信仰者と戦え」と教え込んだ。ISの映像に映る中央右の少年ラグハムくんは、その後、弟と脱出を果たした。(IS映像)

IS映像に映っていたラグハムくん(14歳・当時)。少年戦闘員養成所で斬首映像も見せられた。「家族であっても不信仰者は殺せ」と命じられた。(2016年・イラク・クルディスタン地域の避難民キャンプで・撮影:玉本英子)

その後、サイフさんは最前線の村に送られた。激しい戦闘と連日の空爆。

「もう命はないと思った」。

視力の弱い彼は、双眼鏡でも敵が見えないと上官に訴え続け、拠点都市ラッカに配置換えとなった。そこでイラク北部のクルド自治区に避難していた兄に密かに電話できた。

兄はお金で脱出を手引きするブローカーに依頼し、サイフさんと弟はラッカを逃れることができた。クルド自治区にいる兄と再会後、避難民キャンプに身を寄せた。

★新着記事