【シリア】2017年ハーンシェイフンでの化学兵器攻撃で亡くなった双子(父親提供)

◆シリアで繰り返し使われた化学兵器

ロシア軍によるウクライナ侵攻。戦闘が拡大するなか、ロシア軍による化学兵器使用もありうるとも報じられている。内戦が続くシリアでは、化学兵器が繰り返し使われてきた。犠牲のほとんどは市民だ。シリアの地元記者の協力を得て、2017年にイドリブでの化学兵器攻撃で家族を失くした住民を取材した。(玉本英子/アジアプレス、 取材協力:ムハンマド・アル・アスマール)

動画【シリア・ダマスカス近郊 化学兵器攻撃から3年】数百人の犠牲者ほとんどは一般市民

【シリア】 化学兵器攻撃で命を奪われた双子の亡骸を抱くアブドルハミドさん。妻の遺体とともに埋葬した。(2017年4月・シリア北西ハ-ンシェイフンでアブドルハミドさんの友人撮影)

◆犠牲の多くは市民

2022年4月、ウクライナのゼレンスキー大統領は、ロシア軍が化学兵器を使う可能性があると述べた。化学兵器は戦闘員だけでなく、市民にも深刻な被害をもたらす。

シリアでは、何度も化学兵器攻撃が起きている。おもなものでも首都ダマスカス郊外(2013年)、北西部イドリブ近郊のハーンシェイフン(2017年)がある。ハーンシェイフンの攻撃では、化学物質サリンを含んだ爆弾が投下され、100人以上が死亡した。

【シリア】 妻と子どもを埋葬した墓地で、悲嘆にくれるアブドルハミドさん。ハーンシェイフンでの化学兵器攻撃の犠牲者の多くは子どもを含む一般市民だった。(2017年・アブドルハミドさんの友人撮影)

◆妻と幼い双子、親族あわせて25人を失う

「あの日、私のすべてが奪われました」

会計士のアブドルハミド・アル・ユセフさん(33)は、妻と生後9か月の双子の乳児、親族のあわせて25人を失った。

爆弾が炸裂したのは早朝。大きな爆発音が聞こえ、空爆か砲撃と思った一家は、急いで地下避難所へ向かった。

途中、隣人たちも避難させようと彼だけ外に残った。人びとが倒れ、口から泡をふいているのが目に入った。「毒ガスかも」と思った瞬間、呼吸が苦しくなり、気を失った。目覚めると病院にいた。妻や子どもたちは遺体となって収容された。空気より重いガスが地下避難所に流入し死亡したと告げられた。

「亡くなった妻は18歳でした。私は双子の亡骸に、さよならの言葉をかけながら、この手で埋葬しました」

家族を助けることができず、ひとり生き残ったことで自らを責めてしまうこともあるという。

★新着記事