イラク軍のIS掃討作戦が続いていたモスル。(2017年2月・玉本英子撮影)

◆IS思想で教育機関を支配

イラク第二の都市モスル。アッシリア帝国が首都ニネヴェを置いた地だ。この町が過激派組織「イスラム国」(IS)に制圧されたのは、2014年のことだった。この時、私は住民たちに密かに連絡を取ろうと試みた。

「なんとか今日を生きていますが、私と家族が、この先どうなるか不安でたまりません」

ようやくつながった携帯電話で話してくれたのが、モスル大学工学部の教員、サアド・アル・ハヤート氏(当時44歳)だった。

サアド氏は親族7人とともにモスル東部地区に居住。モスル大学で指導教員だった。写真右が大学校舎。(2015年・IS写真)

ISは町を支配すると、独自に解釈したイスラム法を布告した。戦闘員らが「神の代理人」のごとく振る舞い、子どももいる路上で斬首や銃殺を繰り返した。教育現場にはISの指導に沿ったカリキュラムが強制され、女子教育は大幅に制限された。

「工学部では女子学生が排除され、教え子が肩を落として泣いていた」。サアド氏は無念の思いを打ち明けた。のちに工学部全体が閉鎖され、失職。ISの恐怖におびえ、家から出るのを控えた。

サアド氏が教鞭をとっていたモスル大学は、イラク有数の名門校。のちにISは、サアド氏が勤めるの工学部を閉鎖。写真はイラク軍奪還後のモスル大学正門前。(2017年2月・玉本英子撮影)

◆戦火の子どもたち

16年秋、イラク軍は米軍・有志連合の支援を受け、モスル奪還作戦を開始。戦況が悪化するとISは中学生ほどの少年まで動員し、自爆車両でイラク軍の拠点に突撃させることもあった。さらに、その様子をプロパガンダ映像で「ジハード」などとして宣伝した。

子どもを含む住民らが戦闘と空爆に巻き込まれ、たくさんの命が失われた。作戦が続くなか、私はISから解放された地区に治安部隊と入った。瓦礫(がれき)が広がり、焼け焦げた戦車が残る住宅地を進んだ。

モスルの道路脇で鉄くずや空き缶を拾う少年たち。朝から夕方まで拾い集め、業者に売って、当時500~1000ディナール(日本円で50~100円)。家計を支えるため、学業をあきらめ働く子も。(2017年2月・玉本英子撮影)

空き地では、中学生ほどの少年たちが鉄くず拾いをしていた。家計の足しに鉄を集めて売るという。「戦争が終わったら、こんな仕事しなくて済むかな」。ひとりがつぶやいた。

◆学校再開するも 心に深い傷

ISがモスルを制圧する前のスマア先生と生徒たち。のちに彼女の女子中学校にISが通達を出し、教師らは解職された。生徒らは他の町に避難するか、家にこもったという。(写真:スマア先生提供)

18年、再びモスルを取材すると、多くの学校が再開されていた。子どもたちの登校風景を目にした私は、明るい未来を期待した。

しかし、女子中学校で英語を教えるスマア・アルハマダニ先生(当時47歳)は言った。

「破壊されたままの校舎がいくつもある。心の傷は深く、急に泣き出す生徒がいる。その上、生活困窮で学校に行けない子も少なくない」

2017年7月、イラク軍との激戦ののち、モスルはISから解放された。戦闘下のモスルでは、学校の壁にはISが女性にヒジャブ着用を促した絵が残っていた。その上のX印はこの地区の解放後にペイントされたもの。(モスル・2017年2月・リナ・イサ撮影)