情報鎖国の北朝鮮では、北朝鮮人自身が自分の国で何が起きているのかを知らないし、知ることができない。人間が日常生活を営むということは、喜びや悲しみ、不平や不満は当然抱くものである。

だが、北朝鮮では、人間としての「普通の」気持ちを表現し、伝える媒体はまったく存在しなかった。こうした人びとにとって、リムジンガンが表現の場となることを、私は期待している。
北朝鮮人自身が作り上げるジャーナリズムは、近い将来、きっと北朝鮮に根を張り、花を咲かせることになろう。そして、私たちがそれを支援していくことは時代の要請でもあると感じている。

北朝鮮人ジャーナリストたちによる内部からの通信、という史上初の試みは、いまも試行錯誤で進めている。生まれたばかりの雑誌には、稚拙な部分がまだいくつもあるが、現地から報告を送り続ける内部記者たちの熱い思いは、実際にリムジンガンを手にとってお読みいただければきっと感じとっていただけると思っている。
石丸次郎
======================================
【雑誌版・ウェブ配信版 リムジンガン購入、視聴のご案内】
雑誌版季刊リムジンガンに加え、ウェブ配信版という形でもスタート。

(雑誌では見られない、カラー動画、写真、音声もアップしていく予定)
ウェブ配信版リムジンガン(書籍版リムジンガンもセットで購読・視聴可能)
現在、季刊リムジンガン(日本語版)は下記のリンクからご注文いただけます。
=================================================
史上初!北朝鮮内部からの通信 リムジンガン 日本語版 創刊
(日本語版 第1号 2008年4月刊 248ページ A5版 定価 2,980 円 税込 送料別)
購入・年間購読ご希望のかたは、オンラインで注文いただけます。
【アジアプレス書籍販売】かんたん購入・購読へ >>>
(一般書店では取り扱っていません)

詳細・お問い合わせはアジアプレス出版部へ (直接のご注文も承ります)
TEL/FAX (06) 6224-3226  rimjingang-jp@asiapress.org

=================================================