鴨緑江は、警戒が物々しい国境の川だ。人民軍警備警戒所では、勤務に出る兵士らが黙々と武器の手入れをしている。一方、木陰では軍人がギターを弾いている。

 

鴨緑江の中国側から望む朔州 下
鴨緑江下流には、朝中共同管理の水力発電所が3か所ある。下流から2番目のダム湖は中国の遊覧船も走る景勝地になっていて、北朝鮮側が朔州郡である。
アジアプレスでは、リ・ジュンの撮影行に合わせて、2007年8月に中国側から取材を行った。以下はその時撮影されたものである。

鴨緑江の水上勤務を終えて停泊している朝鮮人民軍警備艇。それを気にも留めない様子で川辺で子どもたちがのんびりと水遊びをしている。

次のページへ ...