ドキュメント デノミ断行の衝撃 その時民衆は(2) 整理 リ・ジンス
◎一一月三〇日(「貨幣交換」開始当日)

ジャンマダンは、商行為が行われる場であるのはもちろん、様々な情報が行き交う貴重な情報流通の場でもある。マダンは朝鮮語で広場という意味だ。写真は平安南道の安州(アンジュ)市のジャンマダン。(2008 年9 月 シム・ウィチョン撮影)

ジャンマダンは、商行為が行われる場であるのはもちろん、様々な情報が行き交う貴重な情報流通の場でもある。マダンは朝鮮語で広場という意味だ。写真は平安南道の安州(アンジュ)市のジャンマダン。(2008 年9 月 シム・ウィチョン撮影)

 

◆カンさん
カンさんは朝一〇時、家にある三放送(注1)のスピーカーから、「本日から貨幣交換を始める」という放送を聞いた。半信半疑のカンさんはすぐさま家から通りに飛び出した。既に数人の女性が道端に集まって「貨幣交換」の真偽について話をしているので、カンさんもその輪に加わる。どうやら話は本当のようだ。その場に居合わせた女性たちは皆、当惑している。

昨日の両替商の態度にも合点がいった。華僑たちは事前に、「貨幣交換」があるということを察知していたのだろう。顔見知りの両替商に電話をかけて確認してみると、昨日の時点で銀行の動きが怪しかったので、何かあると思って両替に応じなかったのだという。

カンさんはふと、数ヶ月前から銀行が通常の相場よりも高い値段で人々から金(きん)を買っていたことを思い出した。グラムあたり九万ウォンほどだった金の価格は、一四万五〇〇〇ウォンにまで高騰していた。

金相場の上昇は一ヶ月以上続いていた。使い物にならなくなる旧ウォンをあらかじめ、信用の揺らがない金に換えておこうとしていたわけだ。権力者たちは「貨幣交換」の断行を事前に知っていたのであろう。
次のページへ ...