R:しかし、日本国憲法では軍隊を持たない、そして国の交戦権は認めないと言っているわけですよね。それにもかかわらず、そういう軍事大国になっているというのが現実とは。

小出:そうです。ですから皆さん、「憲法を守れ」と言うように活動して下さっていて、私自身もそう思いますし、 そうやって活動して下さっていることをありがたく思いますけれども、実際にはもう守られていないわけです。「憲法を守れ」と言うより前に、実は憲法を実体 化するということをまずやらなければいけなかったのだと思います。

R:その通りですね。

小出:「陸海空、その他の戦力はこれを保持しない。国の交戦権はこれを認めない」と憲法9条に明確に書いてあっ て、どんな解釈をしたって軍隊なんて持てないし、外国に戦争に出かけて行くなんてことは絶対できないはずなのです。しかし、それが次々と壊されてしまっ て、実質的にはもう軍隊もある。そして今度は安倍さんが憲法をねじ曲げて、海外まで軍隊を派遣するというようなことになろうとしているわけです。本当に日 本人は一人ひとりがきちんとものを考えなければいけないと思います。

「小出裕章さんに聞く 原発問題」まとめ