金正恩政権が、四度目の核実験と「ロケット」発射にいつかは踏み切ると考えられていた。技術向上とその示威に実験が欠かせないからだ。ここで考えた いのは、なぜこの時期に強行したのかである。そこに北朝鮮の内部事情、金正恩氏の性向と苦悩が透けて見えるからだ。二回に分けて整理する。(※北朝鮮は 「人工衛星発射」と称しているが、本稿では「ロケット」とする)

金正恩政権が1月6日に核実験を強行したことは、外部世界から見る限り、その時期もやり方も、外交的、経済的に時宜を外した非合理な判断だったと言 わざるを得ない。5月に予定している36年ぶりの労働党大会を前にした重要な時期に、最大の支援国、経済依存国である中国を、あえて自ら遠ざけ、怒らせる やり方を取ったからだ。

まず、昨年夏以降の対中関係を簡単に振り返っておこう。

9月3日 北京で抗日戦争勝利記念行事。北朝鮮からは崔龍海(チェ・リョンヘ)党書記参席。韓国の朴槿恵(パク・グネ)大統領は厚遇受ける。

10月10日 朝鮮労働党創建70周年記念行事に中国の最高指導部の一人、劉雲山共産党政治局常務委員が訪朝。

10月30日 朝鮮労働党第7回大会を5月初めに開催と発表。金正恩氏の2016年訪中の可能性が日韓メディアで報じられる。
(参考 毎日新聞 http://mainichi.jp/articles/20151031/ddm/002/030/142000c)
次のページ:12月10日 モランボン楽団が北京入り...