アジアプレスが入手した「金正恩同志のお言葉」内部文書。<絶対秘密>指定だ

本稿が公開される頃には、各国が注目する朝鮮労働党第8回党大会が始まっていることだろう。

前回の第7回党大会が開催されたのは2016年5月だった。未曽有の新型コロナウイルス禍が世界を覆い防疫に集中しなければならない悪条件、さらに台風と集中豪雨も重なり、経済が麻痺状態にある中で党大会開催に踏み切ったことは、各国から驚きを持って受けとめられた。

執権9年間で最大の経済危機にある今、わざわざ党大会を開催しようとする金正恩氏の意図は何だろうか?

注目されるのは、①核・ミサイル開発と軍事路線、②対米・対南政策、そして、③新たな5カ年計画の策定を予告している新経済路線の内容だ。

◆<絶対秘密>指定の金正恩氏「お言葉」を入手

アジアプレスでは、第8回党大会の開催を決定した会議での金正恩氏の発言をまとめた内部文書を入手した。

題目は「敬愛する最高領導者金正恩同志が主体109(2020)年8月19日党中央委員会第7期第6次全員会議でされたお言葉」。閲覧対象が限定された<絶対秘密>指定文書で、表紙を合わせて全13ページの長文だ。

金正恩氏の「お言葉」は、新型コロナウイルスと相次いだ豪雨被害についての言及もあるものの、大部分を新しい経済計画に割かれている。前回の第7回大会で策定された「国家経済発展5カ年戦略」(以下、「2016戦略」)を失敗と断じ、その総括をして新たな経済計画を立てよと述べている。

昨年10月10日の労働党創建75周年式典で演説する金正恩氏。執権9年で最大の経済危機に直面している。(労働新聞より引用)

◆金正恩氏「戦略」の失敗を認める

金正恩氏が失敗と断じた前回の「2016戦略」は、目標を人民経済の向上と経済部門の均衡的、持続的発展の土台を作ることに置く、としたものだ。概要は次のようなものだった。

①石炭、電力、金属、鉄道、水産と機械工業部門を正常化させ、農業と軽工業部門で生産を増やす。

②電力問題を喫緊の課題として発電所の建設、送配電網の改造補修を強調。

③外国との合弁・合作を進めて貿易構造の改善を図り、経済開発区(特区)と観光事業の拡大を目指す。

「2016戦略」は、あれもこれもと多くを盛り込み過ぎで総花的、具体性に欠けるものであった。

周知のとおり、北朝鮮が核・ミサイル実験を強行したことによって、2017年に国連安保理による経済制裁が大強化され、米国との非核化協議が物別れに終わるに至って「戦略」は頓挫する。さらに昨年初めからの新型コロナウイルスの世界的大流行で、北朝鮮経済は麻痺状態に陥ってしまった。

文書の中で興味深いのは、金正恩氏が、「戦略」の失敗を経済制裁やコロナのせいではなく、実現可能性のない計画を立ててしまったことにあると指摘している点だ。金正恩氏は、その反省をもとに、新たな経済計画を立てよと繰り返し強調している。