北の若者の間ではKPOP動画が人気。トゥワイスも流行か(公式ツイッターより)

 

◆こっそりKポップ動画見る女子高生

北朝鮮北西部の、とある都市で高級中学校に通うジョンヒさん(仮名)は、私の取材協力者の朴さんの娘さん。日本でいえば女子高生だ。朴さんはしばしばジョンヒさんと彼女の友人たちをサンプルに、今どきの若者の生態について教えてくれる。最近特に興味深かったのは、「ちかごろ、娘たちの世代に人気の韓流文化はドラマよりも歌の動画です。若い子たちがグループで踊りながら歌うやつ」という報告だった。

韓国ポップアイドルの音楽ビデオのことである! 一昔前の韓国歌謡が北朝鮮で人気を博していることは知っていたが、韓国ポップまで密かに流行しているとは恐れいる。北朝鮮の女子学生たちが「防弾少年団(BTS)」や「トゥワイス」を見ていると思うとワクワクする。といっても、金正恩政権が韓流文化への統制を緩めたわけでは、決してない。

関連動画これが北朝鮮の女子中学生が自作した禁断の携帯動画メッセージだ

◆新法では動画見ただけで懲役5年

2020年12月、北朝鮮当局は「反動思想文化排撃法」の制定を公表した。条文は未公開だが、次のような輪郭が明らかになっている。「南朝鮮の映画、動画、図書、歌、絵、写真などを直接見たり保管したりした者は5年以上15年以下の懲役刑、流入・流布させた者は無期懲役または死刑」。あらゆる韓国のコンテンツに接触しただけで厳罰を科す、いわば「韓流弾圧法」である。

「住民対象の学習講演会で法律の目的や取り締まりの実例を説明しています。抜き打ちの家宅捜索もしばしばで、各地で大勢捕まっています。韓国ドラマを見るのも命懸けですよ」と朴さんは言う。

韓国の影響を恐れる北朝鮮当局は、二十数年前から厳しい取り締まりをずっと続けてきた。だが、根絶どころかデジタル媒体に記録された韓国の動画や歌は、国内で安価、大量にコピーされて拡散するばかりだった。業を煮やした金正恩政権は、昨年「不純退廃文化を掃討する」という激しいスローガンを掲げた。そして死刑までちらつかせて一掃することを決めたわけだ。