nepal_maoist_B0200_001

1995年、”コミュニスト結婚式”を一緒にあげた3組のカップル。左側にアナンタ(後ろ)とウシャ(前)、中央にソナム(後ろ)とタラ(前)。(写真提供:オンサリ・ガルティ・マガール)

1995年、”コミュニスト結婚式”を一緒にあげた3組のカップル。左側にアナンタ(後ろ)とウシャ(前)、中央にソナム(後ろ)とタラ(前)。(写真提供:オンサリ・ガルティ・マガール)

■ 第13回 慣習を破って女が銃を持つ
10歳のときに慣習を打ち破って、女ながらに鋤をもち畑を耕したウシャは、今度は銃を撃って非科学的な迷信を打ち破ろうと思った。
一方、野生の鶏を撃つ村のハンターだった兄をもつタラにとって、バルワ・バンドゥクは身近な"道具"だった。兄と一緒に狩りについていき、灯りをつけて木に止まっている鶏を撃つところを見たこともあった。

パチャバンでのプログラムの半月ほど前には、彼女の村の隣にあるランコット村で、かつてタラの学校の教師でもあったパサンから銃の撃ち方などの"講義"を受けていた。この講義は密かに家の中で行われた。銃のもち方や、紙で作られた的を片目をつむって狙うことを教わっただけで、実際に撃つことはなかった。

アナンタから許可をもらい、ウシャら女性3人はバルワ・バンドゥクをもって歓送会が開かれる広場に行った。銃を持った女性たちを見て、タバン村出身のサントス・ブラ・マガールが笑ったのを見て、ウシャは腹が立ったものの恥ずかしいとは思わなかった。その場で撃ち方を教わり、集会が始まると、ウシャたちは1発ずつ空中に向けて銃を撃った。弾は男たちが詰めてくれた。

集会には村人も含めて400人ほどが参加していた。このとき、ウシャらは人民戦争がいつから始まるのか、この後10年間、どんな経験をすることになるのか、まったく何も知らなかった。しかし、銃を撃つという、生まれて初めての体験に彼女たちの気分は高揚していた。

実は、このパチャバン会議でマオイストの幹部は、2か月半後の1996年1月15日に人民戦争を始めることを決めたのだが、開始日は極秘とされ、ごく一部の党員にしか知らされていなかった。

そして、この会議の直後にロルパで警官が動員されて、マオイスト掃討を目的とした"ロメオ・オペレーション"が始まった。そのために、十分な準備ができず、開始はほぼ1月遅らされることになるのである。
(つづく)

【連載】 ネパール マオイスト・女性ゲリラたちの肖像

<<<連載・第12回   記事一覧   連載・第14回>>>