【連載】イラク戦争開戦から8年 バクダッドはいま
【はじめに】
2011年3月、イラク戦争開戦から8年。
米軍の完全撤退にむけてカウントダウンされるなか、日本の報道においては、イラクの現況を現場から詳しく伝えられることはほとんどなくなりました。
アジアプレスでは、イラク開戦当初から継続して足を運び、独自の視点で丹念にイラクを取材しつづけてきたジャーナリスト、玉本英子が3~4月にかけてバクダッドに入りました。

いまバクダッドはどんな状況にあるのか、また、そこに暮らす人びとはなにを考え、どのように生きているのか。
この連載では、イラク戦争開戦から8年を経たイラクの状況を、取材を終えたばかりの玉本英子へのインタビュー記事と写真とで具体的なエピソードもまじえてお伝えします。
(編集部)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
第一回 くすぶりつづける宗派間抗争

宗派抗争は収まったが、爆弾事件などは今も続く。シーア派住民が暮らすアパートが爆破されて12人が死亡した。後日スンニ派武装勢力が声明を出した。

宗派抗争は収まったが、爆弾事件などは今も続く。シーア派住民が暮らすアパートが爆破されて12人が死亡した。後日スンニ派武装勢力が声明を出した。

 

― 今回の取材目的は? ―
(玉本)
3つの目的を念頭においていました。
目的のひとつは、2006年頃から始まった宗派間抗争、イラク人同士の争いがその後どうなったのか。2つ目は、米軍の戦闘部隊が昨年夏に撤退しましたが、その後のイラクの治安状況に変化はあったのか。3つ目は、市民生活について。市民はどのような気持ちで日々を過ごしているのか。それらを取材するために、今回はバクダッドを中心に取材しました。

ー いま宗派間抗争はどうなっていますか? ー
(玉本)
私は03年、04年、07年、09年とバグダッドで取材しました。07年は宗派間抗争が一番激しい時で、バグダッド南西部のアメル地区を取材したのですが、当時は道路を挟んでイスラム教シーア派とスンニ派の武装グループが撃ち合い、殺し合いをするような厳しい状況にありました。半数以上の住民が地区を逃げ出しました。
次のページへ ...