◆幼な子抱え、シリアから再びトルコへ、そして海を目指す
トルコ政府はシリア難民がやってくることは歓迎しませんが、逆にシリアに戻ることについては、むしろ歓迎しています。トルコからシリアへ戻るのは身分証明書さえ見せれば簡単でした。しかし、シリアからトルコへ渡るのは基本的に、非合法で行くしかありません。国境は草原が広がっているだけですが、トルコ軍の埋設した地雷もあるため、素人の私たちだけで越えることはできません。密輸や、ひそかに人の行き来を手配するブローカーにお金を払い、彼らの案内で鉄条網を切断し、闇夜の中、私と家族、知人の計5人で国境を越えました。みんなそうやって国境を越えます。
そこにはトルコの警備隊が目を光らせており、発砲される危険もありました。ブローカーが自分たちを裏切るかもしれない、という考えもよぎりました。少しの服と身の回り品が入ったカバンを肩にかけ、娘を抱えながら体の震えが止まりませんでした。たった数百メートルの国境地域を抜けるのに4時間もかかりました。なんとかトルコ側に入った私たち家族は、バスなどを乗り継ぎ、3日間かけてトルコ西部の大都市イズミールにたどり着きました。そこには別のブローカーが私たちを待っていました。(つづく)

トルコ国境から見たシリア・コバニ。トルコ側には鉄条網が張り巡らされていた。とくに銀色の鉄条網はカッターのような鋭い刃先。密入国を防ぐため鉄条網の先にはトルコ軍が埋めた地雷があるほか、水を撒いて泥地帯にして歩けないようにしている場所もある。(2014年12月撮影・玉本英子)

第2回 >>>

>>>(2)トルコ西部の海沿いの町~ヨーロッパ目指す難民たち
>>>(3)ギリシャの島に漂着~携帯GPS頼りに村めざす
>>>(4)ギリシャに殺到する難民、極度のストレスも
>>>(6)ハンガリー、オーストリアを越えドイツに
>>>(7)ドイツでの生活を始める
>>>(8)シリアの今後はどうなるのか
>>>(9終)「豊かさを求めて難民になったのではない」