8月下旬、リ・ジュンたち北朝鮮内部の取材チームは、首都平壌にビデオカメラを持って潜入し、平壌の普通の庶民の暮らしの一端を撮影することに成功した。
記録したのは、楽浪(ラクラン)区域、船橋(ソンギョ)区域、力浦(リョクポ)区域、さらに洪水被害のあった黄海北道の沙里院(サリウォン)市などである。

情報統制の厳しい北朝鮮の、その首都平壌において、これだけ生々しい庶民の暮らしが撮影・公開されるのは初めてのことである。
北朝鮮人ジャーナリストの渾身の取材を、シリーズで公開する。
取材 リ・ジュン
解説 石丸次郎
2007年8月下旬撮影
38.jpg

楽浪(ランラン)市場の入り口。
北朝鮮では2003年4月に、それまで非合法だった市場が合法化された。
平壌をはじめ主要都市では、それまで闇市場扱いであったジャンマダンと呼ばれる市場を、当局が管理する「総合市場」に改変した。「総合市場」はいわば公設市場。平壌では、見栄えにも神経を使って立派な建物を建てて区域ごとに開設した。

楽浪市場の入り口のそばには、多くの露店が並ぶ。
公設市場である「総合市場」で商売をするためには、金を払って売り場を確保しなければならない。そのジャンセ(場税)を払えない人々が、人の集まる市場周辺に勝手に店を広げているのである。

ステンレスの器で冷麺を売る女性たちが、「食べていきなさいよ」と撮影者に声をこける。
「平壌でも10数年前から裏通りに露天商が並んでいたが、食べ物屋は、さすがに当局の取り締まりが厳しくて見られなかった。このような露天の冷麺屋が現れたのはここ数年のこと」とリ・ジュン


隣の露店で、子供に冷麺を食べさせる母親と思われる若い女性。髪型もおしゃれだ。一杯100~200ウォン。
次のページへ ...